熊野でミッション達成?不達成?


前回の記事に記したとおり、
熊野三山散策の旅を思いついたのは短時日のことであり、
また現在のようにインターネット上に情報が充実していない頃とあって
ガイドブック的なものを2、3冊に、別冊太陽「熊野 異界への旅」を読んではいたけど
事前の情報収集に不足しているところも多々あった。

振り返ると何よりマズかったのが
熊野牛王宝印(くまのごおうほういん)のこと。

熊野牛王符(くまのごおうふ、熊野牛玉符)は熊野三山で配布される特殊な神札。「熊野牛王神符」、「烏牛王」、「おからすさん」などと呼ばれる。


ammulet03.png

神の使いとされ、熊野山と縁の深い八咫烏(やたがらす)。
そのカラスを文字化したデザインのアーティスティックさに魅了されるのは現代人だけでなく、
戦国時代には熊野牛王符に書いた起請文は必ず守られなければならないという、
法的拘束力に近いまでの信用があった。


熊野に辿り着いたら
是非その牛王宝印とやらを入手しなければ・・・


そして熊野最後の日に熊野那智大社で無事に牛王宝印を購入し、
旅の最大のミッションを達成した・・・つい最近まで本当にそう思っていた。


ところが!


あの真夏の熊野詣から16年目にして知る衝撃の事実!!


なんと・・・牛王宝印のデザインは熊野三山各社によって違う!!?


ええーっ!(※これは嘘くさいのではなく本気のええーっ)


てっきり熊野で発行する牛王宝印は一つのものでどこで買っても同じだと思っていた。
ガイドブックには一種類の牛王宝印の写真しか掲載されてなかったもので。

私が得意気に持ち帰ったのは熊野那智大社のものだけで、
熊野本宮大社、熊野速玉大社のデザイン違いの牛王符は入手してなかった(今さら・・・)。

KNO7.jpgimg_awarded02.jpg

左が熊野速玉大社、右が熊野那智大社のもので
一番最初に掲載したものが熊野本宮大社の牛王宝印。

本宮と新宮のものは「熊野山宝印」と、
那智のものは「那智瀧宝印」と書いてある(熊野・・・那智・・・しか読めないけど)。

ちなみに「日本第一」とあるのはジャパン・ファースト的な意味ではなく、
日本で一番霊験あらたかな熊野権現様の発行する牛王符であるぞ!といった意味。

近頃流行りの”ケイスケホンダ”に近いかも。
その番組見てないからよくわからないけど。

八咫烏が日本代表のエンブレムに使われていたり、
盛り上がりに欠けると評判のワールドカップも近づいているということで
熊野三山を訪れる人もいるかもしれませんが、
その際は各大社の牛王宝印(一枚500円)を忘れずにgetしてほしい。

三者三様であることに要注意だ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる