人は人に対して・・・


列車通過直前、付近で白いワゴン車目撃 新潟女児殺害

新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害された後、JR越後線の線路に遺棄され列車にはねられた事件で、現場に列車がさしかかる直前、付近に不審な白いワゴン車が止まっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。新潟県警は、事件に関与した人物が車を使っていた可能性もあるとみて調べている。


こういった事件が起こる度に目撃証言なるものが報道される。

今回の新潟の事件でも
黒いマスクの不審者や白いワゴン車を見たといった証言が出ているが
犯行シーンそのものを目撃したという証言ってほんど出ないものですね。

”トリックの女王”こと推理作家・山村美紗が披露した密室トリックの一つに、
家の軒先にかかっている物干し竿を換気扇か何かの隙間から差し入れ、
部屋鍵を竿の空洞を通して遺体そばに落とし込むというのがあった。


他人宅の前で物干し竿なんか振り回していたら
きっと誰かに見られてその時点で終わりだろうな・・・


当時まだ浪人生だった僕はそんな感想を抱いたものだけど
実際に起こる殺人事件では現に何かを行っている現場そのものは意外と見られていない。

新潟の事件でも連れ去った現場や
女児の遺体を担いで線路内に入るところは今のところ出ていない。

過去の主要な殺人事件でも殺害や遺棄等そのものを見たという証言は
ほとんど聞いたことがない。

近隣住民の事情ならやけに訳知りの婆さんがいたりするし
誰か暇な人間が窓から眺めていそうなものだが
そうは暇な人自体がいないのか、
それとも案外、人は人に対して関心を持たないものなのだろうか?

”人は人に対して狼である”というホッブズの主張に対して

人は人に対して無関心であると提唱しよう。


山村美紗の小説を20年ぶりに読み返し
そんなことをつらつら考えてしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる