名作ゲーム探訪記 『SDガンダム・ガチャポン戦士2 カプセル戦記』

右手が治りかけたところに左手が腱鞘炎になったのは
実は「ガチャポン戦士2 カプセル戦記」のせいだ。

昔よく遊んでいたのはMSX2版で
ZZ(ダブルゼータ)でビルの陰からハイメガ粒子砲打っとけば楽勝だったんだけど
ファミコン版は操作しづらい・・・。

なぜかハイメガ粒子砲は繰り出せなくてZZ必勝パターンが使えず、
そのくせCOM(コンピュータ)はズルくて
敵MS(モビルスーツ)はこちらのビームをかわしまくる。

白熱という文字を超えて戦闘にやたら困難を強いられ
十字キーを操作する左手が腱鞘炎になったというわけだ。





「補給基地を叩け!」とは言ったけど
開始早々すぐ取りに行けとは言ってない、みたいな。

ハンデをつけすぎて物量差があって難しいだろうけど
補給基地取ってもほとんどお金(CT)にならないから
中央も守備的にプレッシャーをかけつつ
やっぱり2つのコロニー群を抑えに行かないと。
ザクなんか足遅すぎて×(笑)

それとムサイ等の戦艦は見つけ次第、沈めに行くべきですね。
戦艦にはとにかく接近戦でひたすらビームサーベルで斬りまくる。
左手を犠牲にしてまで編み出した対戦艦の必勝法。

宇宙だとMSの性能差が段違いに響いてくるのがガチャポンCOMのズルいところだ。
生産するなら最低でもガンダムレベルのMSが欲しい。
僕が下手すぎてビームサーベル主体の戦闘方法になるせいかもしれないけど。

MSX版だと戦艦とZZばかり作っていたけど
ファミコン版だと陸地ならパラス・アテネ、百式にR-ジャジャ(高性能ながら1ターンで生産可能)、
宇宙はファンネル系のヤクト・ドーガ、ハンマ・ハンマが使いやすいかな。
(∵単発のビームよりファンネル、サイコミュのほうが断然当たる)


デフォルメ化されたMSたちを操作出来る戦闘に面白さがあるのだが
その戦闘がアクション苦手な人にとってネックになるという
「ガチャポン戦士2 カプセル戦記」はなんかとても歯がゆい名作だった。

同シリーズは3作目以降、戦闘シーンのアクションが廃止されてしまい残念に思ったのは
アクション系が苦手な僕には珍しいことである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる