エイプリルフールのネタではなかった


たけし独立の真相を軍団が暴露「森社長からの謝罪を受け入れ出直しすることに」

 4月1日より「オフィス北野」を独立し、新事務所に移籍したタレントのビートたけし(71)について、弟子である「たけし軍団」の浅草キッド・水道橋博士(55)、タレントのグレート義太夫(59)らがそれぞれのブログ、Youtubeなどで「たけし軍団一同」として声明を出し、一連の経緯を説明した。
 声明によると、たけしが独立を決意するにあたっての大きな理由のひとつとして、数年前からオフィス北野社長の森昌行氏による不透明な金銭の流れが存在したことを指摘。森社長がたけしに相談なく筆頭株主となり、役員や社員に高額な報酬を払っていたことが問題視されたという。


4月1日と言えばエイプリルフールとされているから
この騒動もどこまで信じていいのかわからなかった。

まさか”世界のキタノ”が食い物にされていたとは・・・。
「たけしの挑戦状」でわれわれファミコン少年を食い物にした報いだろうか?

ファミコン時代の遺恨はさておくとして
突然降って湧いたような今回の騒動で、今まで持っていたイメージと随分違う実態を知らされた。


まずはオフィス北野の森社長

フライデー襲撃後か、バイク事故の長期リハビリ明けだったか覚えてないけど
かつてビートたけしの復帰会見を上手く取り仕切ったことにより、
物腰柔らかで有能そうな社長でビートたけしも信頼している、
僕も含めて視聴者はその印象をいまだに持っているに違いない。

それなのに、あの森社長がね・・・。
そこまで信頼関係が破綻していたとは予想もしなかった。


そして今や”疑惑の総合商社”となったオフィス北野

てっきりビートたけしの個人事務所であり、
ビートたけしと妻ぐらいが株主と思っていたのだが実はそうではなかった。

しかし、緊急避難的にオフィス北野の株式を
自己名義で譲り受けなければいけない状況があったにしても
なるべく早い時期にビートたけしなり、誰かに株式を譲渡すべきなのが筋だろうなとは思う。

ビートたけしを差し置いて、
過半数をはるかに上回る株式を長年保有し続けている時点で
乗っ取りと指摘されても申し開きは立たないだろう。

どこのチャンネル見ても、たけし、たけし、たけし、ビートたけしの番組ばかりで、
オフィス北野には相当なお金が流れ込んでいたと思われるが
それも(初期の)たけし軍団メンバーを養うためだとてっきり思い込んでいたら
違う人たちが養われていたっていうね・・・。


今回の騒動で部外者にはよくわからない点も多々あると思う。
稼ぎの中枢である肝心要のビートたけしが独立してしまい、
オフィス北野を去ったという今の状態は一体何なのかと。

敵対的な企業買収(M&A)の防衛策として
クラウン・ジュエル(crown jewel)と呼ばれる手段がある。

クラウンジュエルとは経営学用語の一つ。企業が敵対的買収の危機に置かれている場合に、その企業の保有している価値のある部門や財産を第三者に譲渡したり分社化することで、自社の魅力を低下させ、買収者の意欲を削ぐということ。この言葉は、王冠が狙われている場合に、その王冠に組み込まれている宝石を取り外すことで王冠の魅力を低下させ、王冠を狙われなくするということになぞられて用いられている。


ビートたけしが自ら退社し、新事務所を作ったのはこれと似ている。

別名”焦土作戦”とも呼ばれ、会社経営そのものを困難にしてしまう最終手段だが、
オフィス北野はこのまま焦土と化してしまうのだろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる