異論!反論!オブ・・・


初代は序章、ガンダムブームはZから… 毎日新聞のガンダム記事にツッコミ殺到「事実に反している」「無知の極み」

「初代は“序章”的位置付けで、『Z』から、今に連なるロボットアニメ、ガンプラブームやアニソンブームが始まったと言っていい」--毎日新聞の記事に掲載された「機動戦士ガンダム」シリーズについての見解が、事実とは異なるとの指摘が多数あがっている。
毎日新聞は、2月28日に「森口博子 原点回帰に魂震える 『Zガンダム』主題歌、32年ぶり録音」という記事を掲載。内容は、「水の星へ愛をこめて」以来、32年ぶりに「機動戦士Zガンダム」の新曲をリリースする森口博子へのインタビューだが、冒頭で初代とZの位置づけを説明。「日本にロボット、いやモビルスーツのブームをもたらしたのは1985年の『機動戦士Z(ゼータ)ガンダム』だった。79年に始まったZの付かない初代は“序章”的位置付けで、『Z』から、今に連なるロボットアニメ、ガンプラブームやアニソンブームが始まったと言っていい、エポックメークな存在である。」と伝えた。


ガンダムの再放送や「劇場版・機動戦士ガンダム」が上映されていた頃、
まだ初代ガンダム・ブームが熱かった当時を知る、
つまりガンダム第一世代を名乗っても許される僕もこれにはちょっと違和感がありますね。
(記事の言わんとするところがメカニカル・デザインやアニメの作風的なものを指しているのかもしれないけど)

品薄で入手するために行列が出来るほどのガンプラブームこそ知らないけど、
小学校一年生前後の頃はガンプラで遊んでいたし、
近所の子が得意気に見せびらかしていた武装させたザクをうっかり踏んづけてしまい、
しばらくの間、絶交されたこともある。

41gaprVXGaL.jpg

それにひきかえ、2,3年おいて始まった「機動戦士Zガンダム」となると
自分の周囲では”ブーム”と呼べるほど話題になることはなかった。

”2,3年”のタイムラグが大きかったと思う。
僕の世代や周囲だと「ガンダム」は幼稚園~小学校1,2時の遊びといった認識だったから。

もちろん「Zガンダム」のガンプラなんかはよく買ったけれど
テレビ放送のほうは後期オープニングの「水の星へ愛をこめて」がいいからそれを聴くぐらいで、
番組自体はほとんど見ていなかったし、周囲で話題になることもなかった。

実際に「Zガンダム」の視聴率はあまりよくない。
ガンダム再放送や劇場版の人気の恩恵があったとは言えない数字でしょう。

さらに「ZZガンダム」となると悲惨で
誰が望んだのかわからないようなギャグ路線で
アニメじゃない!とか言われるとじゃあ何なんだ?って思ったり。

「Zガンダム」は少しは見ていたからストーリーはおぼろげに知っていたけど
「ZZガンダム」となると全く知らない・・・。
(※プラモデルはいくつか買った記憶はあるけど)

わかりやすく同じ第一世代である”ドラゴンクエスト”と比較すると
ドラクエが「Ⅰ」→「Ⅱ」→「Ⅲ」と人気が上昇し、「Ⅲ」で爆発したのに対して
ガンダムは「Ⅰ」(の再放送)が大ヒットし、
そのおかげで「Z」「ZZ」は何とか命脈を保った、といった印象ですね。

そして現在のように「ガンダム」が再び人気を得るようになったのは
宝島社が別冊宝島で「僕たちの好きなガンダム」を出して大ヒットした2000年以降でしょう。

511HAY0Z5VL.jpg

それまでは一部のマニアを除いて、「ガンダム」は幼少時の過ぎ去った記憶にすぎなくて、
たまにテレビで再放送を見ると懐かしいなと感じることはあったけど
「ガンダム」について語る奴なんか小学校以来絶えていなかった。
映画「逆襲のシャア」が少し話題に上る程度で。
大学時代に政治学関係のゼミでジオン公国と連邦についてゼミ論書いた奴がいると聞いて
随分変わったのもいるものだな(笑)と感じたことがあったぐらい。

僕も「Zガンダム」を全編通しで見たのは30過ぎてからのことで
プラモデルと「水の星へ愛をこめて」だけじゃなく、
ストーリーも良かったんだなとようやく知った次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる