風邪をひく


少し酷い風邪をひいてしまった。

こんな時に限って本を発送しに行かなければならない。

郵便ポストなら近所にもあるんだけど
なるべく早めに、そして確実に集荷してほしいから
本局の郵便ポストまで出しに行かねばならぬ。

原付で往復15分程度だがすごくつらい・・・。

郵便局から戻ってくると、風邪の勢いも増したようだ。

もう当分のあいだは、売れてくれなくていい。


大杉漣さん急死に悼む声 俳優や監督ら「計り知れない喪失感」

急性心不全のため、21日に66歳で死去した俳優、大杉漣さんは、やくざ役から気の弱い中年男まで、幅広い役柄を演じる名脇役として人気が高かった。テレビドラマや映画で大杉さんと仕事をともにした俳優や監督からは悲しみの声が相次いだ。


どこか怪しげな役者といった印象だったから
突然の訃報に「自殺?」と思ってしまった。

大杉漣(おおすぎ・れん)という風変りな名前と渋みのある風貌はよく知っているけど
出演作となると知らない。
あの人はあれに出ていた、この人はこれに出ていたと
普通なら思い当たるアレやコレが全く思い浮かばない・・・。

66歳という年齢だから役者としては古くからドラマ等に出ていてもおかしくないはずが
下積の1980年代に日活ロマンポルノ等が活動の場だったせいで
普通の映画やドラマでの出演がほとんどなく、出演していても端役だったという。


銀河テレビ小説「まんが道」(1987年7月27日 - 8月14日、NHK) - 仁科記者 役

NHKで放送していた藤子不二雄の「まんが道」は当時好きで見ていたけど
30年以上前のことで主演の2人しか覚えておらず、仁科記者というのは記憶にない。





弁護士朝日岳之助1・真実の合奏(国際放映、1989年)

wikipediaによると、数少ない80年代の火曜サスペンス出演の一つだったようだ。
僕は浪人時分に火サス・マニアになりかけたほどだから
このシリーズはもちろん覚えているし(弁護士モノなら高林鮎子のほうが好きだったけど)
第一弾の「真実の合奏」というのも再放送を見た記憶はあるけど
大杉漣が出演していたのは知らない。

1T907260.jpg


北野武監督作品でヒットして活躍が増え始めたのは2000年以降で
僕がテレビをよく見ていたのは90年代前半までだから
こんな具合に若い頃の大杉漣が記憶にないのも当然というわけです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる