ジャパンカップも過ぎて




競馬ジャパンカップ キタサンは3着

競馬のジャパンカップが東京競馬場で行われ、JRA=日本中央競馬会のG1レースで、過去最多に並ぶ7勝目を目指した歌手の北島三郎さんが所有するキタサンブラックは3着に敗れました。


惜しくもキタサンサンチャクに終わった。

勝った馬シュヴァルグランて何だと思ったら
大魔神産駒・・・じゃなくてハーツクライ産駒なんですね。
長距離になってくるとやはりハーツクライの血が効いて決め手がある。

しかも鞍上は外国人ジョッキー。
大レースになるほど、日本人よりも外国人騎手のほうがサラブレッドを一完歩、一完歩
しっかり伸ばす技術に長けているようだ。


長距離GⅠ + ハーツクライ産駒 + 外国人騎手 = 大駆け


もはや公式として覚えといたほうがいい。
結果論だけど、全く根拠を見出せない勝ち馬でもなかった。

3着に粘ったキタサンブラックもさることながら
2着に飛んできたレイデオロもやはり強い馬だった。
3歳馬ながら古馬相手のレースでこの結果は立派なもの。

同じ3歳牝馬のソウルスターリングは7着に敗れた。
怪物フランケルと名牝スタセリタの仔でオークス制覇までほぼ完璧な競争成績だったことから
秋は古馬相手のGⅠ路線を歩まされたがいずれも惨敗続き。

期待が大きいのもわかるが3歳牝馬にこの路線はやっぱり可哀想だ。
3歳のあいだは素直に秋華賞やエリザベス女王杯路線に進んで、
古馬になってからさらに充実した馬体で牡馬と渡り合ってほしかった。エアグルーヴのように。
早熟で終わる馬でもないと思うので。

ジャパンカップが終わって今年も残すは2歳G1レースと有馬記念のみ。

・・・そう言えば今年からホープフルSというのが新設されてラストが有馬じゃないんだ。
気分がのらないことこの上ない。
ホープフルSと有馬を入れ替えてほしい。


2017年も信じられないぐらいあっという間に何事もなく過ぎようとしている。
上半期は雲をつかむような話に振り回されて精神的にまいった。

確かさも実体も現実味も全くないのにどうも一部の連中にのせられた挙句、
結局無視されて何も反応なし(その前にメールも無視されている)で
本当に意味不明でイラつきと不信感MAXに・・・。

しかもこちらには確証も与えなければ一切証拠も残さない上手いやり口。
無職のおっさんがブログで妄想じみたことを勝手に書いただけになる。
自分たちの意図した一定のキャラ(国民的アイドルとキー局美人女子アナの熱愛に
割って入ろうとする身の程知らずの痛いオッサン)に落とし込もうとしているように感じられてクソうざかった。
そういうことだけはしっかり頭が働く奴らだ。
大阪も大概だけど東京のメディアは髄から腐ったゴミ野郎どもの吹き溜まりなんだと痛感させられた。
(メディアのみならず政治も経済もネットもだけど)

夏以降は体調が悪化して毎日もうすぐ死ぬような気分が続いて
意識の状態もよくなく、上半期のこともほとんど記憶が薄れてしまった。
結局は無関係なんだしどうでもよくなった。
自分が明日も生きていられるのかそっちのほうが問題だ。

いくら無職のおっさんでもこんな空虚で無駄に過ぎた一年も珍しい。
この歳になってまさかこんな仕打ちに遭うとは思いもよらなかった。

来年ももし生き続けられたとしたら
もう誰にも振り回されませんように。


気を取り直して昔のジャパンカップ、オグリキャップVSホーリックスでお別れしましょう。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる