ハロウィンのポリティカル・コレクトネス


日本もようやくチラホラと盛り上がりつつあるハロウィンの季節を迎えた。

欧米ではハロウィンムード一色と言えるほど
異様に盛り上がっているようだ。

実際、この祭りにかける欧米人の熱気は異様と言ってもいいぐらいで
ハロウィンの仮装への力の入れ方は半端じゃない。

しかもそれが近年強まったわけでもなく、昔からそうなのだから。

【閲覧注意】怖すぎる!昔のハロウィーン - NAVER まとめ

元は収穫祭だったところにキリスト教が入ることで悪魔や悪霊の表現がブーストされて、
日本人なんかだと引いてしまうぐらい、おどろおどろしい仮装が生まれていったんだろう。

むしろ近年はアメリカを中心にキリスト教の色合いを弱めて
映画のキャラクターやアニメのヒーローなんかのよりファニーな(?)仮装大会と化しつつあるようだが
それはそれで今度は差別に絡んだ問題を生んでいるらしい。

Have Halloween costume bans in Canada gone too far?

Canadian schools are wrestling with how to guide students and parents towards Halloween costumes that aren't considered offensive or culturally insensitive.


カナダの学校がハロウィン衣装で禁じたリストの一例。

・cowboy and Indian costumes
・slaves
・terrorist
・gypsy
・Rastafarian
・"urban ghetto resident"


カウボーイとインディアン禁止。
西部劇が好きな人は残念だろうけど。

日本だとジプシー=占い師的に捉えられていると思うけど、
ロマ族に対する差別意識が絡んでくる。
欧米人がやるgypsyの仮装がどんなものなのか想像つかない・・・。

Rastafarianが何かわからないけど検索しない(笑)

urban ghetto resident・・・ ghettoはナチ時代のユダヤ人たちのあれだけど、
最近知ったことにロサンゼルスの黒人貧困層が住む地域もそう呼ぶらしい(自虐的というか自嘲的に?)。


また別の大学の学生自治会が出した禁止リストの一部には

・black face
・traditional or religious head dresses,
・geisha costumes
・ Day of the Dead makeup.

ゲイシャはマズいね(笑)

Day of the Dead がゾンビ映画(邦題「死霊のえじき」)のことなのか、
それともメキシコの祭りのことなのかわからない。
差別より過激性の問題か。

他にもアンネ・フランクや精神病患者の仮装などが問題になるなど話題に尽きないようだ。

それらをことごとく省いたとしても、
おそらく日本人には異様に感じるほど仮装に熱を入れる祭りであることに大差ないだろう。

僕はハロウィンパーティ会場の様子をYouTubeでチラ見するだけ。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる