世界の料理~イギリス編


不可解なほど美味いものなしと評判のイギリス料理の中で
唯一、誰もが口をそろえて美味いと太鼓判を押すフィッシュ&チップス。

フィッシュ・アンド・チップス(英語: fish-and-chips)は、イギリスを代表する料理の一つ。タラなどの白身魚のフライに、棒状のポテトフライを添えたもの[1]。イギリスではファーストフードとして親しまれ、長い歴史がある。


フィッシュ&チップスの動画もYouTubeでよく漁ってしまうものの一つ。

そんな中で最も惹かれるフィッシュ&チップス動画が↓これだ。



ひたすら黙々とフィッシュ&チップスを食べてますが
やたら美味そうに感じる。

このYouTuberが何者なのか(いちいちYouTuber呼ばわりされるの嫌やろな)、
どこから来てどこへ去ってゆくのか、そんなことは知らない。

ただただ、フィッシュ&チップスを実に美味そうに食うね、それだけのこと。

それにしてもこの人、本当にフィッシュ&チップスが大好物のようで・・・。







ここまで見て、何だここ日本かよ!みたいな。

本場イギリスのフィッシュ&チップスはどうなんだ?ってことで



いまいち美味さが伝わってこない動画だ・・・。
油で揚げて塩かけるだけだから余程のことがない限り、
マズいわけがないだろうけど。

イギリスの名物料理といえばフィッシュ&チップス以外にも
”卵と兵隊”というのがある。



スティック状に切って兵隊に見立てたトーストを半熟卵につけながら食べると。
アムロ・レイじゃないけど「それだけ、なんですか」みたいな・・・。


なぜイギリス人は食文化に淡泊なんだろうか?

色んな理由が取り沙汰されているけど
イギリス人はトランプや賭け事が死ぬほど好きなんですね。

サンドイッチの誕生秘話にもあるように、
食事なんかに時間かけるよりもトランプや賭け事、ゲームをやっていたいと。
そういうのが古くからのイギリスの国民性。

だから他の文化(トランプ、賭け、競馬、コンピューター)を発展させるために
食文化を犠牲にしたのがイギリスだとそう思うんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる