思い出のファミコンゲーム「ファミリーサーキット」

伝説のYouTuber”たぶやん”のレトロゲーム実況を見ていて
あのゲームの記憶が蘇った。



ナムコの「ファミリーサーキット」(1988)。
買ったことすら忘れていた。

小学校6年の頃だったと思う。
まだF1レースに関心を持つ前だったのに
このゲームに手を出すとはなかなか先見の明があったんじゃないですか。

fc.jpg

ファミコン時代のカーレースゲームとしては最高峰と呼んでいいぐらい、
このゲームは実際のカーレースを細かに再現していた。

マシンをデザインし、セッティングを行い、
参加するカテゴリー(ノービスからスーパーA=F1)を選ぶ。

レース中には数多くのマシントラブルに見舞われる。
ウイング破損、タイヤのバースト、サスペンション故障、エンジントラブル、
そして後の鈴木亜久里を先取りするかのように電計系のトラブルまで(笑)
どこかが故障すれば、マシンの挙動にしっかり反映される。

fc4

故障すれば当然ピットインすることになるが
ピットクルーたちがタイヤ交換やガソリン補給をてきぱき行う様子を眺めるのも一興。
(エンジンの故障の場合はなかなか修理完了しなかったりする)

レースにおいて、他のカーレースにありがちな他車との当たり判定がないのは珍しかったけど
だからといって簡単かと言えばそんなことは全くなくて激ムズだった・・・。

とにかくスピード(画面スクロール)が速すぎて、
ドラクエをやりすぎて、すっかりアクションゲームの類が苦手になっていた僕には
マシンをコース内に走らせることすら難しかった。

fc2_20171016204346b20.jpg

こんな早い画面なのに、コーナーに硬いブロックが置いてあるから
操作をミスって突っ込めば即クラッシュでリタイア続出・・・。
時速300キロのレースであんなところにブロック置くなんてそれこそ殺人罪に問われかねない。

そんなわけで当時の僕には難しすぎてまともにコントロール出来ない記憶しかなく、
たぶやんはファミリーサーキットに関してはよく上手く操縦出来るね~なんて感心してしまうのだが
それでもこのゲームの再現性は素晴らしくて
ル・マンなんかの24時間耐久レースまで用意されていて、
しかもレース中にちゃんと夜になるというこだわりには当時も驚かされた。

fc3.jpg

懐かしいF1レーサーの名前が実名で(笑)
1987年のシーズンに従っていて、セナと中嶋悟もロータスホンダらしきマシンで登場する。
F1ブームが起こる前、ロータス時代のセナなんてちょっと貴重じゃないでしょうか。


当時は送り出すゲームにハズレなしぐらいの印象だったナムコだが
今どうなっているのだろう?

2006年3月31日、旧ナムコ(法人としては後のバンダイナムコエンターテインメント)よりアミューズメント部門および新規開発事業部門が独立してできた会社である。旧ナムコと社名は同じだが、法人の連続性としては別法人となっている。
なお「ナムコ」「namco」ブランドは、以上の改編後のバンダイナムコゲームス → バンダイナムコエンターテインメントにおいても引き続きゲーム類のブランドとして、2014年のブランド統合まで使われていた。


何だかよくわからない会社になっているようです・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる