2017年・凱旋門賞の雑感

2017年の凱旋門賞が無事終わった。

すっかり競馬も見なくなったけど
一年に一度、凱旋門賞だけは食いついてしまう。



強い牝馬が評判通りの圧勝を見せ、
日本馬は例年通りの惨敗・・・。

サトノダイヤモンドは国内では一流だけど
深く、重い欧州馬場に対応出来る感じは元々なかった。

それよりも勝った馬の話。
イネイブル・・・エネーブル・・・Enable・・・
(JRAがエネイブルとしているのでそれに従うべきなんだろうけど)

あれだけ先行しておきながら
直線に入ってムチも使わず他馬を突き放すのだから
斤量差はあるにしても本当に強い牝馬。

しかしその強さより少し気になるのがこの馬の血統。

父はサドラーズウェルズ-ガリレオの血を引くナサニエルNathanielで
この馬はあのフランケルFrankelの同期にしてライバルであり、
デビュー戦とラストランで対戦している。
いずれもフランケルにはかなわなかったけど。

それより、下の血統表を見て欲しい。

enable2.jpg

父方3代先と母方2代先が同じサドラーズウェルズなんですね。
サドラーズウェルズの3×2というかなり危ない近親配合から生まれたイネーブル。
(※どれぐらい危ないか人間に置き換えて想像してみてください)


サラブレッドというのは速い馬と速い馬をかけ合わせて、
近親的な交配(inbreeding)を重ねて作られてきたものだけど
あまりに近すぎる交配は体質的に悪影響のある馬を産み出す危険も高まるから
せめて4×3ぐらい離すのが理想的とされている。

とは言っても、馬の生産者の中には(馬に限ったことではないけど)
近親交配に信仰まで抱いてる方もいて
またそれで名馬が生まれたことがあったのも確か。

日本でも馴染のある馬だと
欧州3冠を達成した”神の見えざる力”ラムタラがノーザンダンサーの2×4という強い近親交配。
種牡馬して超高額で日本に輸入されたものの、
種牡馬としての成績が振るわなかったのは近親交配のせいだとも断定出来ないけど。

名物オーナーでも知られたフサイチコンコルドもノーザンダンサーの3×3の配合だった。
デビューから3戦目にしてダービー制覇という偉業を成し遂げた半面、
体質的な弱さから、たった5戦で引退を余儀なくされた。


イネイブルに関しては、競走馬としてどこか問題があるといった話はなく、
今のところ幸運にもメリットしか現れていないようだが・・・。

あの強さには危険な近親交配が潜んでいるということでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる