世界のクレープ事情について


今日は誰もが気になる世界のクレープ事情について。

そもそもクレープとは一体何でしょうか?

クレープ(フランス語: crêpe)は、パンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュが発祥の料理。元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキのガレット(galette)という料理である。 


これでクレープの何を説明したということになるんでしょう!?

それでは早速YouTubeの動画で
世界のクレープ、あるいはクレープ的なものを確認してみましょう。


まずは日本から。



ホイップした生クリームにフルーツとアイスをのせてクルッと丸める。
日本人が考えるクレープと言ったらこのスタイルでしょう。
デザート、スイーツとしてのクレープ。
クレープを注文してこれ以外のものが出てきたら訴訟沙汰になりますね。


次はクレープ発祥の地とされるフランス。



生地の焼き方までは同じだけど
チーズを敷いてハムをのせ、くるっと巻くのではなくペタッと折りたたむ。
しかも日本と違って、イケメンだけどガチムチな男たちが作っている。

こんなkawaii(カワイイ)の欠片もないクレープも
フランスでは許されるんですね・・・。

もちろんデザートスタイルのクレープもあります。



さすがクレープの母国だけあって懐が深い。


お次はアメリカ、サンフランシスコのクレープ店。



これはフランス・スタイルと考えて間違いないでしょうね。
オッサンが焼いてるし。

フィッシャーマンズワーフFishermans Wharfという観光地らしく
ガラス張りの物珍しさから観光客に見られるわ、
次々に舞い込む注文で延々とクレープを焼き続けないといけないわで
なかなか大変なお仕事でしょう。
一人で4枚同時焼き、少しでもミスすると即、店の評判に関わる状況だから。


一方こちらはイギリス、ロンドンのクレープ屋台。



ドーバー海峡を隔てただけとあって
イギリスにおいてもクレープと言えば、まるっきりフランス風のようです。

・・・が、
それは一面的な見方かも。

イギリスには”隠れクレープ”なるものが存在するらしい。
クレープ店だけを見ていたのではクレープを知ったことにはならない!

それは大英帝国の歴史に根差したものなのだが
ヒントはロンドンに数多くあって、イギリス料理より美味しいとよく耳にするインド料理店。
そのメニューの中に”隠れクレープ”が存在するという。
ひょっとするとイギリス人もクレープだと気づかずに食べているのかもしれない・・・。

その正体を知るためにインドの”クレープ”というものを見てみよう。



映像ではわかり難いけどここはインドです。
人と自動車の喧騒で何となくわかるだろうけど。

これがインドのクレープ、マサラドーサというものらしい。
最初のうちはオニオンとか想像はつくけど
色んなものをぶち込んでグチャグチャに混ぜてしまうから
終いに何だかわからなくなるけど、とにかく辛そうの一言に尽きる。




動画のタイトルには「小吃」となっているけど、
「煎饼」といって中国ではあちこちの屋台で売っている有名なストリートフードらしい。
勝手に”せんべい”と読んでいます。

今までに見た”せんべい”動画の中では
この女の子が最も手際が良い。
勝手に”中国版じゃりん子チエ”と呼んでいます。


インドのマサラドーサ、中国の煎饼もクレープ的なものと考えて間違いないでしょう。




近頃はほほ笑んでばかりいられない”ほほ笑みの国”タイ。

ここの名物ロティもクレープ的なものと考えていいんじゃないですか?
どんどんクレープとみなしていきましょう。フランスをムッとさせましょう。

屋台にはパフォーマンスも必要なのはわかるけど
ロティ作りに気分が昂じるあまり、大声で歌い始めるのは衛生的にどうなのかと・・・。




クレープ界のパフォーマーで第一人者と言えばこの人でしょう。
スペイン、マヨルカ(マジョルカ)島の”踊るクレープ親父”フリオさん。
骨も筋肉も凝固してしまって、普段の姿勢もこうなんでしょうね。
踊るぐらいの自由は許してあげましょう。


以上、YouTubeでめぐる世界一周クレープ紀行でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる