大映ドラマの大特集と題して 第3回 


この子誰の子? OP(1986)


大映ドラマも終盤に差しかかり
以前のような活力を感じなくなっていた。
そんな中、大きな問題作として投じられたのが「この子誰の子?」だった。

転校して数日後、拓也は宗次郎が在籍し葵がマネージャーを務める柔道部に葵目当てで入部した。 そんなある日、同校道場では他校との試合が行われていた。入部して以来、柔道部の練習にほとんど顔を出さない拓也は、除名を通告されそうになっていたため、そんな拓也を気遣っていた葵は、拓也を捜しに赴いた柔道部部室で不意に拓也に突き飛ばされて気を失ってしまう。気を失ってしまった葵は、葵に対する抑えられなくなった感情が爆発した拓也に不運にも強姦され、その上妊娠までしてしまう。・・・中略・・・高校2年生にしてレイプにより望まない相手の子を妊娠をした少女が、悩みながらも強く生きて行く姿を通じて、少年少女の愛と性、それを越えて勝ち得る愛と信頼の素晴らしさを描いた青春ドラマである。


当時、僕はまだ小学生だったけど、
保阪尚希がやっていはいけないことをやってしまったことはわかった。
この役柄の印象がいまだに拭いきれず、
保阪尚希に対して根底でいまだに嫌悪感を抱いているという(笑)

石立鉄男なんてイイ人役も知った上でキョンキョンいびりだから嫌いにもならなかったけど
保阪尚希の場合は最初の役がこれだから、ファーストインプレッションが悪すぎた。

視聴率は良かったらしいけどテーマが悪すぎて

高視聴率番組であったにもかかわらず、未だにDVD-BOX等で一度も商品化されていない。2004年秋から2005年春にかけてavex traxから発売された大映テレビDVD-BOXシリーズのラインナップからは外されており、今後も発売は未定である。なお、この作品は同シリーズ『ヤヌスの鏡』『花嫁衣裳は誰が着る』のような「番外編(NG集)」は放送されなかった。


そりゃそうでしょう・・・


悲しみは続かない (1986)


保阪さんのせいで、椎名恵のこの曲も大手を振って歩くことが出来なくなった。
今、聴くと当時感じていた以上にいい曲だ。

こちらの曲にも原曲があって(リリース時期は椎名盤が先でその辺の事情は不明)
原曲とはまた歌詞も印象も全く違う。

Good Girls Go To Heaven (Bad Girls Go Everywhere)  (1989)



良い女の子は天国へ行く
悪い女の子はどこへでも行く



作詞作曲を手がけたのは前回の記事にも挙げたジム・スタインマンで
演奏しているPandora's Box (パンドラの箱)というバンドは
ジム・スタインマンが自身のお抱えシンガーや音楽仲間を集めて結成したもので
「Original Sin」というコンセプトアルバム一枚しかリリースしていない。

ところで、「Good Girls Go To Heaven」を歌っているこの声に注目してください。

誰が歌っているのかわかった方はかなりの地獄耳の持ち主(笑)

歌っているのはなんとあのホーリー・シャーウッド Holly Sherwood !

・・・って誰だか覚えてませんよね。
映画「ストリート・オブ・ファイヤー」であのダイアン・レインのゴーストシンガーを務めた方です。



この時はツインヴォーカルだけど主成分と見て間違いない力強い声。
Pandora's Boxというバンドはリードヴォーカルがころころ変わっていて、
ホーリーシャーウッドがリードヴォーカルを務めているのは「Good Girls Go To Heaven」のみ。

ホーリーシャーウッドの歌声がまともに聴けるのは3曲ぐらいしかない(悲)
実力があっても難しいのはアメリカも事情は同じ。
アメリカのほうが層が厚い分、大変なのかも。
同じような歌声と歌唱力のあるシンガーなら他にもいそうだし。


おっと・・・また何やら聞こえてきましたよ。

Good Girls Go To Heaven (Bad Girls Go Everywhere)  (1993)


これまたクセのある歌い方で・・・。

ミートローフMeat Loaf?

アメリカの超有名なロックシンガーらしい。
初めて知った。ホント洋楽疎くて。

日本ではどうなんでしょうね。
日本語で検索しても出てくるのは料理のレシピばかり(笑)

ジム・スタインマンは1970年代にミートローフのアルバムを手がけて大成功したで有名になったそうで
ミートローフとの関わりも深く、「Good Girls Go To Heaven」も
オリジナルのパンドラズボックス版より、ミートローフによるカバー版のほうが有名っぽい。
(パンドラズボックスのアルバムは売れなかったのに対し、ミートローフのアルバムは大ヒット)

(※ジム・スタインマンはボニー・タイラーの曲も手掛けていてスクールウォーズの主題歌「hero」の原曲も
同氏によるもの。大映テレビとジム・スタインマンの蜜月関係は何なんだろう?)

ミートローフの一流シンガーのみが許される独特のクセや
キャラクター(「地獄のロックライダー」)とピッタリのアレンジもなかなかいいけど
いかにも80年代後半の洋楽らしい曲調の、貴重なシャーウッド音源に軍配を上げたい。
洋楽の趣味も80年代にあるのかな・・・・。


今回で終わらなかった。
次回に続く。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる