ZARD「揺れる想い」「この愛に泳ぎ疲れても」

高校3年間はずっと落ちこぼれで
受験シーズンに入っても全く受験勉強する気にならず、
浪人コースがほぼ内定状態。

TBSドラマ「予備校ブギ」を見て浪人生活に憧れていたとは言え、
そこは複雑な心境だった。

盛大に滑り倒した大学二次試験が終わった時、
浪人生活が決定的となったことを実感し、
頭がぐわんぐわんと鳴り響く中、2枚のCDを購入して帰宅した。


410LUxSNy3L.jpg  41iBVWof87L.jpg
揺れる想い(1993年)
この愛に泳ぎ疲れても(1994年)



最後に購入したCDが竹内まりやの「impressions」なら
最後に購入した8cmシングルCDが
ZARDの「揺れる想い」と「この愛に泳ぎ疲れても」の2枚だった。

ZARDの鮮烈なデビューは僕が高1の頃だったと思う。
こんな美人がこんな本格なヴォーカルやるなんて
ホントもう願ったり叶ったりで・・・。

高校時代は、今では名前も出したくないけど一にチャゲアス、二にZARDぐらいの勢いでしたね。
当時はネットもない時代だから坂井泉水はとにかく謎めいた存在で、
ミュージックステーションだけが頼りでよく見ていました。

今でもあの頃と変わらないMCが座っているようだけど、
果たして中身は同じ人なんだろうか?

その後は音楽全般の関心が無くなるとともに
ZARDのこともほぼ忘れてしまって
坂井泉水が亡くなった時も少しばかりの衝撃を受けた程度だったけど。


浪人決定の暗い暗い春の日々、
繰り返し聴いて過ごしたZARDを2曲続けてお聴きください。






「揺れる想い」のほうがポカリスエットのCMで断然有名でしょうね。




だがしかし・・・

浪人決定の暗い春、僕のメンタルには哀感漂う「この愛に泳ぎ疲れても」のほうが合っていた。
途中で曲調がテンポアップして一気に聴き終わらせてしまう、変わった構成でしたね。

今回の採点は

「揺れる想い」・・・91点
「この愛に泳ぎ疲れても」・・・90点

どちらともZARD名物のキツイ高音を上手く乗り切ってますね。
サビのZARD感は「揺れる想い」が少し勝ってるように感じる。
どこがと訊かれても困るのであって、ただなんとなくとしか・・・。
歌い出しと少しムラがあるのが改善できれば95点は狙えるね。


Amazonで検索してみると
「この愛に泳ぎ疲れても」の8cmシングルCDを在庫している。

えっ、まだ需要あるの!?

うちのLenovoパソコンはDVDスロットが縦になっているから
どう見ても8㎝CDなんか入りそうにない。

無理に入れたりしたら、
カランカランって落ち込んで行って取り出すの大変そう(笑)


マクロスも上がってる?
あれはオタク臭いから要らない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる