テレサ・テン「別れの予感」


別れの予感(1987)


テレサ・テンを知ったのは「時の流れに身をまかせ」が大ヒットした頃かな。
当時は僕もまだ小学生だったから、”カタコトの日本語のオバサン”程度の認識しかなかった。
テレサ・テン好きの小学生なんかいても可愛くないだろうけど。

テレサが亡くなった時も
・・・テレサって呼ぶと大物作詞家にでもなったような気がするね。

テレサ・テンのスパイ騒動や訃報の際も大して関心はなかったのだが
ようやく最近になって、テレサ・テンのすごさが理解出来るようになった。

僕は歌手を評価する際には①声②技術③感情④態度・所作、
おおよそこんなところで判断してる気がする。

例えば②技術と言っても、僕には専門的知識はないので、
音程を外さないとか、音の変化のスムーズさとか
そういうことでしかないけど。

③の感情というのは、込めすぎると声や技術、振舞いに悪影響を及ぼして見苦しくなることもあるし
ユーミンみたいに無機的なまでに殺し気味に歌ったほうがかえって強い印象を与える場合もある。
普通は適度に入ったほうが伝わるものがありますけど。

④態度・所作というのもそれぞれのシーンで様々で、
恰好ばかりつけてると鼻に付いたり、シラケてしまうこともしばしばで・・・。


何が言いたいのかというと
テレサ・テンという歌手はこの全ての項目において最高水準の評価になっているのだ。
カタコトの日本語のオバサンと思っていたあの頃が懐かしい・・・。


特にこの「別れの予感」を歌うテレサ・テンは素晴らしい。
とりわけ感情の入れ具合が絶妙で、台湾の人だから感情を強めに出せるにしても
それが声や技術、態度を乱すことがないのだから。



そんなテレサの、
テレサ・テンの「別れの予感」をJDちゃんがトライしてくれたって?

じゃあ早速、聴いてみようぜ!



いつもなら伸ばしすぎるJDちゃん、
今回は わたしには 出来ない~♪で伸ばし足りない。
ここはテレサ・テンが鬼ほど伸ばすところだが。

二十歳前後の子が30年前の名曲「別れの予感」をカラオケで歌う、
そう考えると十分上出来かな。

今回の採点は 87点 です。
あそこをテレサ・テンみたいにリズム感たっぷりに伸ばしてくると2点加算でした。

テレサ・テンの「別れの予感」で90点以上を与えることはかなり難しい。
テレサ・テンが歌っていたのも35歳の頃ですから。
どう転んでも実感の込め方が違いすぎる。



ところで全盛期のテレサ・テンは
毎年のようにヒット曲、名曲を出していたイメージだが
こんな曲もあったんですね。

スキャンダル(1986年)


作詞・荒木とよひさ&作曲・三木たかしのゴールデンコンビは変わらないのに
曲調もすっかり違ってしまって、どうしてまた急にこんな曲を??

テレサ・テン=日本語カタコトのオバサン程度の認識しかなかった僕でも
他の曲は皆知ってるのに、この曲だけは聞いたことがなかった。

今年は休養に充てるか・・・そんな腹づもりだったのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる