記憶に残る女性たち~小学校時代編

小学校に入ると男子との付き合いが多くなるし
強いインパクトを記憶に残すのも男子になりがちだが
思い出に残る同級生の女子たちを何人かとりあげてみる。


①伊藤さん?
・・・伊東さんだったかもしれない。
小学一年時の同級生だった子で
小麦色の肌に茶色がかった髪、クリックリの目をした南国風美少女。
僕の趣味ではなかったけど、CASIOのお気に入りだった。

伊藤さんの記憶を語る前提として、CASIOについて語らなければならない。

小学一年時のクラスは全体に悪童が多かったけど
中でもモンスター級の逸材が2人いた。
以前このブログに書いたけど一人がYASAKAであり
もう一人がCASIOだった。

前者が小学一年生の衣を被ったチンピラならば、
後者CASIOは小学一年生の衣を被ったスケベオヤジだ。

ブヨブヨした体型でいつもニタニタと笑っていて
全てがしまりのない風貌・・・僕はどうもCASIOが苦手だった。

そんなCASIOに帰国子女なんて聞こえの良い言葉を使いたくないんだが、
彼はインドネシアからの帰国子女だった。

熱帯の暑さであらゆるものを醸成しそうな南国で育ったCASIOには
日本の学校や日本人の女の子が珍しかったのかもしれない。
気分はインドネシアのまま、CASIOは南国で養われたエロパワーを教室内で存分に発揮した。
女子に対してスカートめくりに抱きつきにと、あらゆる痴漢行為をやりたい放題やってのけ、
女の子を見ればもう止まらない様子だった。

そんなCASIOの大好物が伊藤さんだった。
南国育ちのCASIOだから、南国風美少女が好みだったのかも。
CASIOのターゲットにされた伊藤さんは気の毒だったけど
持ち前の気の強さでCASIOに抵抗していた。

しかし抵抗すればするほど怪物CASIOの欲情を駆り立てたみたいで
それはある日、体育の授業ための着替えをしていた際の出来事。

伊藤さんも体操着とブルマー姿(当時)に着替え終えた時だった。
CASIOが伊藤さんの背後に近づいていたことに伊藤さんは気づいてなかった。

CASIO、何する気やろ?

そう思った次の瞬間、
CASIOが背後から伊藤さんのブルマーを一気に足元まで引き下ろした。
いや、ブルマーだけでなくパンツまで引き下ろして
伊藤さんが丸見えになってしまったのだ!

一瞬何が起こったのかわからなかった伊藤さんも
すぐに事態を把握してブルマーとパンツを引き上げ、
怒りと恥ずかしさが一体になった表情でCASIOを睨みつける様子が忘れられない。

さすがのCASIOも下着まで下げるつもりは無かったようで
ニタニタしながらもどこか引きつった笑みだった。

その後まもなく、伊藤さんはどこかに転校していった。
CASIOもどこかに転校していった。
伊藤さんを追いかけて行った・・・わけではないと思う。


②Yさん
小学2年の時の同級生。
まだ小学2年で限界があったけど、授業中に少々ヤラシイことをして遊んでいた。
僕はYさんには特に興味もなかったし、
CASIOとは違い、決してこちらから望んだわけでもなかったのだが
やられたからやり返すみたいな流れでおかしなことになっていった。
当時の僕もYさんには底なしの妖しさを感じていたから
席替えで離れることが出来てよかったと思った。

小学2年であれは絶対におかしい。
近親者にワイセツな叔父がいておかしなこと教えてたパターンじゃないか?
Yさんはロクなオトナになってないに違いない。

クラスの班みんなでYさんの家に遊びに行ったことがある。
家屋自体はそれほどでもないが
歩いているとまだ庭なのか何なのかわからなくなるほど
どこまで庭やねん!的に敷地が縦方向にやたら広かった。
(※現在は分譲住宅がぎっりしり建っている)
〇〇農園となっていたから、先日の空撮写真を眺めていて
位置的にもここら辺の元の地主だったのかも。

とにかく小学2年時点ですでに性的にかなりおかしな子だった。


③Yさん
エロい話題が続いておかしな地域だと思われるのは心外だから立て直そう。
いくら何でもCASIOとかYさんみたいなのは例外中の例外だ。

で、またYさんですけど(苗字は違う)、小学校3年時の同級生。
勉強から体育から、ユーモア、精神年齢、身長、そして口喧嘩も
何から何まで自分を一回り二回り、明らかに上回っていると感じさせる女子だった。

僕も小学校3年時の通信簿上はかなり出来る男子だったように記憶しているけど
その僕から見て絶対に敵わないと思えるような子で
女番長とは言わないけど女子のリーダーだった。
性格も強気で狡猾なところもあって、美人だけど近寄り難い、
下手したらこちらが泣かされかねない怖さがあった。

Yさんも同じ中学から同じ高校に進んだけど
僕は落ちこぼれてしまって学校では電源OFFにして生きていたから
誰がどのぐらいの成績かなんか全く興味がなかったし
小学生時代の自分を知られている気まずさや
小学校3年時に植えつけられた強大な敵に対する恐怖というか苦手意識みたいなのもあって
高校時分はYさんがどうなっているかにはちっとも関心がなかった。

同じ校内にいたのかも気にならなかったほどで
卒業アルバムを眺めていて理系クラスに写っているのを見つけて
やっぱりデキる子なんやろな~と思ったぐらい。

ネットで検索しても出てこないけど
きっとどこかで活躍してるんでしょうね。

小学3年時のみならず、小学校6年間を通してYさんが最強の女子だった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる