プロレス?リアルファイト?


トーハン 週刊新潮の中づり広告を文春社員に事前に見せる

トーハン 週刊新潮の中づり広告を文春社員に事前に見せる
5月17日 15時46分

出版取り次ぎ大手のトーハンが、「週刊新潮」の中づり広告を、ライバル誌の「週刊文春」を発行する文藝春秋の社員に事前に見せていたことがわかりました。トーハンは「秘密保持の規定はないが、他社に関する情報なので配慮するべきだった」とコメントしています。


週刊新潮と週刊文春の間に勃発したバトル。
舞台となっているのがトーハンであるという物珍しさに興味をそそられ、
週刊新潮を立ち読みしてきた。

もともとこのテの週刊誌を読む習慣がないせいで
この話題も実はいわゆる”プロレス”的なもので
互いの増売を狙ったものでは・・・などと考えていたら
意外にも数ページにわたる力の入った記事だった。

画像のプロパティをチェックして
使われたコピー機まで調べあげるすさまじい執念だ。

それにしても
捜査手法もデジタル化時代なわけですが
スクープ写真までデジタル化で鮮明に映し出される時代になった。

bunsyun.jpg

そのせいでスクープ写真としての緊迫感にイマイチ欠けるものがあって
これ本当に隠し撮りなんだろうか?
またしてもプロレス疑惑が頭をもたげてきてしまう。

トーハンが早々に謝罪文を出したことからマジなんだろうけど。


tohan_201705202040103c7.jpg


トーハンが一枚噛んでいる以上、
どうしてもプロレス的になるしか他にないのか・・・。

トーハン社員による文春営業への中吊り広告の見本提供は
かなり昔から慣例的に行われてきたという。


そう言えば、僕も新人営業リーマンだった頃
取引先が無防備に張り出していたグループ各店の月々の売上を密かにコピーし、
上司に報告するように言われた。

代々の先輩社員もやってきたことだからと言われたが
無断でやるのも何だか気が引けるから
取引先の人に「これコピーしていいですか?」と訊いてみた。

すると

「それは困ります」

ピシャリと返されて、上司への報告は出来なくなった。
代々、先輩社員によって行われてきた不正を断ち切ってやったぜ。


トーハンって昔は大学生の就職志望ランキングで上位の常連だった気がするけど
今はどんなもんですかね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる