有名人を見かけたら


東京だと狭い地域に凝集して住んでるから
街中で当たり前のように芸能人を見かけるらしい。

そして芸能人を見かけるのは当たり前だから
東京の人間は芸能人を見かけてもいちいち騒がず、
そっとしておくのが当たり前らしい。

大阪だと見かけるとしてもせいぜい関西ローカルのタレントや有名人で
もし全国区レベルの有名人を見かけるとつい騒いでしまうだろうけど。

僕はあまり他人の顔をジロジロ見て歩かないから
多くの有名人を見かけたことはあんまりない。

そもそも小さい頃からテレビは好きだったんだけど、
テレビに出演しているタレントや有名人にそこまで憧れるということがなかった。
画面の向こう側とはきっちり一線を引いてるようなところがあった。

だから昔から答えに窮する質問があって
タレント(あるいはアイドル、女優)で誰が好き?というやつ。

特定の女性タレントのファンになったことがなかった。
部屋に誰々のポスターを貼った、みたいな話をよく聞くけど
そういうことはなかった。

唯一買ったポスターはマイケル・J・フォックスだけ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」を映画館に見に行って
その場のノリでつい買ってしまったぐらい。

おにゃん子クラブでも、モーニング娘でも、AKBでも、ナントカ坂でも
その中で誰が好き?とか聞かれてもマジで興味なくて名前も知らないし、
テキトーに誰か答えておくみたいな融通も利かないしで
特定のタレントに好意を抱いて当然みたいな質問止めない?って思う。

確かに高井麻巳子のレコードは買ったけど
あれも小5の同級生だったT君が薦めるから買っただけなんでね。
夕焼けニャンニャンもしょっちゅう乱闘していたり
小学生だった僕にはあのノリはまだ理解できなかった。
(※でもおにゃん子クラブのメンバーの名前が一番覚えてる)


そんな僕が唯一、
間近で見て有名人オーラというか圧を感じたのが赤川次郎だ。

10年ぐらい前に書店のサイン会でたまたま見かけたんだけど
ライトの効果ばかりではなく、キリッ、ビシッと感じさせるものがあった。
この時は本当に赤川次郎すげーなって思いましたね。

当時60歳ぐらいであれだから
新聞紙面に長者番付・文化人部門で納税額トップで掲載されていた頃の
全盛期のセーラー服着て機関銃ぶっ放してた頃の次郎さんときたら、
そらもうえげつなかったんじゃないかな。
ミラーボールぐらいビンビン出してたんじゃないかな。


ところでミラーボールと言えばをカラオケですが

カラオケ歌う動画投稿は「違法」 メーカーの権利認める

カラオケで歌う姿を撮った動画の投稿は違法――。カラオケ機器メーカーが、都内の男性に動画の投稿をやめるように求めた訴訟の判決で、東京地裁がこんな判断を示した。著作権の専門家は「聞いたことがない」と驚いている。


まだ地裁判決だけど、これはJASRACは関係なくて、
カラオケ機器メーカーがカラオケ用に作る楽曲に著作隣接権を認めたという話。

現在のカラオケ機器には動画投稿機能があるようだけど
各カラオケ会社が投稿サイトを作っていて、投稿したいならそっちに投稿してほしい、ということらしい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる