質感の問題

火曜サスペンス劇場を録画保存してまでしっかり見ていたのは
94年から数年の間のことだった。

火サスの中で面白いと感じる作品に共通していたのは
端的に言うと画面の質感にあった。

あのザラっとしたような質感・・・

この正体が何なのかネットで調べてみたら
どうもフィルム撮影かビデオ撮影かの違いに帰着するらしい。

1970年代も半ばを過ぎると、これまでのビデオカメラのコストと技術的制約もなくなり、フィルムからビデオでの撮影に徐々に移行することとなった。フィルムが必要とする現像の手間以外だけでなく、ビデオ編集用の機材の発達と何よりもコストの問題で、映画会社系の制作会社もビデオ撮影を採用し始め、1990年代後半からフィルムで撮影されたドラマは激減。2000年代初頭には、刑事ドラマや時代劇もビデオ撮影に移行して、フィルム撮影はほぼ姿を消した(日本と違ってフィルムへのこだわりが強い欧米では大型テレビドラマの場合35ミリ映画用カメラを使ったフィルム撮影の方が主流である)。


火サス史上最高傑作の「からくり人形の女」も
水谷豊の浅見光彦ミステリー、朝比奈周平ミステリーも
故・坂口良子主演の京都〇〇殺人街道でおなじみの女性記者シリーズも
90年代前半までの作品に多く見られたあの質感はフィルム撮影によるものだったのかと。

それで90年代半ばから見始めた本放送では
あの質感による作品が一つも出てこなくて物足りなさを感じたわけだ。

それが90年代半ば以降の作品がイマイチつまらなく感じた原因なんだ。

ビデオによる撮影はクリアで綺麗に映るけど、チープに感じてしまう。
何年か経ってから再放送で見るとそのチープさが増す。
2時間サスペンスなんて再放送前提に作るものではないんだろうけど。



火サス黄金期が89年から数年間だと感じた理由の一つが以上のようなことにあったと
ネットのおかげで今ようやく解明された。
便利な時代になったものです。

コスト的に現在では無理なんだろうけど
2時間サスペンスはフィルム撮影のほうがいいと思う。

昭和世代だからか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる