危うく皆勤賞になるぐらい


ほんの数年前までは孤独死にも耐えられるような気がしていたけど
年々カラダが弱ってそれが精神をも弱らせていくのは感じる。

例えば、高校生の時なんか大して運動もしなかったのに全く風邪をひかなくて
欠席が一度もないまま高校三年を迎えた。

ここで深刻に悩むことになる。

それまで高校に皆勤賞というものがあるらしいことを知らなかった。
これは完全に盲点だった。

通っていたのは公立の進学校だったから、
そういう学校が皆勤賞として表彰したいのは学業も優秀な生徒。
高校三年間ずっと落ちこぼれで
学校にはオカンの作った弁当食べに来てるだけの人間が皆勤賞なのはおかしいな、と。

皆勤賞で表彰されたりなんかしたらもう拷問に等しい。
アホは風邪ひかへんから(笑)とか絶対言われるな、って。

だから、皆勤賞回避のためにしばしば、少しだけ遅刻するようにした。
授業が始まってから教室に入って行くのは他の生徒には申し訳ないけど
こっちだって皆勤賞回避のために必死なんでね・・・。

おかげで高3になって遅刻が何十日かついたけど
まだ不安があった。

皆勤賞的に遅刻はどうカウントされるのかな?と。
ちゃんと遅刻は欠席に準じた扱いをしてくれるのか?
遅刻を積み上げて皆勤賞を回避したつもりが
欠席はゼロのままだから皆勤賞で表彰されたらどうしよう。

皆勤賞の要件がわからないから何とも不安だ。
やはりここは素直にズル休みしておくしかない。

そして高3の文化祭の日だったかに一日だけ欠席しておいた。


骨折も一度もしたこともなく、あれだけ健康だったのに
今では頻繁に風邪ひくし。

最近、ある特定の記憶を思い出すと確実に涙が出るようになって
絶対にカラダがどこかおかしくなってると感じる。

原付がダメなんだ。
運動しないのに、身に染みる冷えが大敵だ。

四十路でもうこれだから五十、六十とかめちゃヤバそう。


英国会近くで襲撃、4人死亡40人負傷 「イスラム主義者のテロ」か

イギリスで大規模なテロ事件が発生。
イスラム国(IS)ではないとしたらまた厄介だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E
数年勤めた会社を辞めて、某資格受験生活に入るも挫折したまま三十路をいくつか超えた無職。いい加減何とかしたいが、まだ何とかなると余裕があったりで、資格の勉強+ケータイ無しの直感のみでせどりする日々。あくまで、息抜き・趣味・リハビリとしてのセドリなので、売上はショボいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる