Windows8との戦い

WindowsXPから8年のロングジャンプを経て着地したWindows8
事前に「ややこしい」「難しい」といった情報をキャッチしてはいたが・・・


セッティングしたLenovoに電源入れて、まずパスワードの設定
Windows8の最大のウリが①タッチ操作②セキュリティ強化の2点で、
ログイン時にパスワード入力が原則となっているらしい。

これはまぁいいとして
Lenovo機でまず注意しなければならないのがBaidu(バイドゥ)IMEの件。
初期設定でバイドゥIMEを使うかMicrosoft IMEにするかを選択する。

Googleだってマイクロソフトだって同じように情報は集めてるだろうけど
わざわざバイドゥを選ぶ必要もないのでマイクロソフトIMEで。

で、後ほどバイドゥIMEはアンインストール。

初期設定終わってWindows8の世界に不用意に踏み込んでみると
いきなり面食らう。

スクショ

これ何だよ・・・
俺たちのデスクトップ画面をどこにやってしまったのさ?

これこそ、タッチ操作を意識したWindows8が
従来のWindowsユーザーにとって大きな壁となって立ちはだかる原因だ。

タッチ操作って言われてもそれ対応のモニタでなければ全く意味なし。
画面押してみても指紋が付いてただ虚しいだけ。

マウスで操作したほうが早いし。

ということで、馴染み深いデスクトップに辿り着くには
スタート画面の一番左下隅にある”デスクトップ”をクリックしなければならない。

色々面倒なので
さっさとフリーソフトclassic shellを入れてしまえ。
これでようやくWindowsらしく扱えるようになる。


さて、ワンセグチューナー入れるか。
BUFFALO社のサイトからドライバとソフトをダウンロードするが失敗。

それじゃあとCD-ROMを引っ張り出してきて試みるがまたしても失敗。

何度やっても失敗、失敗。どないなっとんねん・・・


Windows8はセキュリティー強化として、Windows8に対応していないドライバは
インストールを許さない仕様になっているらしい。

セキュリティ重視でかなり面倒なことになってます。

ワンセグチューナーが無いとテレビが見れない。
折角2回連続で順調に見てる「軍師官兵衛」が見れなくなってしまう。
またテレビまで買わなければならないとしたらさらに出費だ。

めちゃくちゃ焦る。

Windows 8 未対応のデバイスドライバをインストール(既知のデジタル署名なしのデバイスドライバをインストールする)

↑のサイトのやり方でトライしてインストール成功。


それとHDDへのアクセスが異常なほど引っ切り無しに続くのが気になる。
HDD故障の原因になりかねないので、↓のような対処法で静かにさせた。
Windows8にアップグレードしてから、ずっとディスクアクセスしっ放しです



昼にセッティングを始めて
従前のXP同様の環境を整える頃にはすっかり夜に。


ようやく落ち着いたから、フリーセルでもやろうかと思ったら
フリーセルが見当たらない・・・
まさか・・・無い!?

なんとWindows伝統のフリーセルまで外したんかい!
奴ら本気ですわ。

(※フリーセルは少々面倒な手続きを経て無料でダウンロードできます)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる