マケプレ開始一周年・その2

12月6日・・・5点(文庫)
12月7日・・・3点(単2、文1)
12月8日・・・6点(単2、文4)
12月9日・・・2点(文1、新1)
12月10日・・・4点(単1、文新3)

低空飛行が相変わらず続いている。
あと4日で入金日だが、上半期としては過去最低の入金額となりそうだ。

評価がガタ落ちして以降、従来の販売・仕入の私的”モデル”は完全に崩壊してしまった。
「日銭」的位置づけの文庫・新書がさっぱり出なくなったのが痛い。
安価な文庫・新書は出品者間の評価勝負なうえに、最近この方面への出品者が
かなり増えた印象を受ける。
以前はせどりブログでよく紹介されていた「仕入基準」なるものが緩和・崩壊してしまい、
贅沢は言ってられなくなったのだろうか。

身近な仕入環境においても、それと関係があると思われる事態に遭遇する。

特定の新書群(ぶっちゃけ現代新書)がほぼ棚1段分「ガッポリ」抜けている
現象を最近になって数店舗で幾度か見かけるようになったのだ。

タイトルも見ずにほぼ一括して仕入れ、品揃えと安価で回転させてゆくのは、
おそらく「正しい」新書の売り方だとは思うが、残されたBO棚を見るこっちは唖然とさせられる。

そんな身近な仕入環境の「悪化」やら悪評価による売上低迷やらせどりモチベーションも
とことん下落しており、マケプレ開始1周年の記念すべき月は、ひょっとするとマケプレ終焉の月
となるかもしれない。

携帯を使わなかったり原付だったり様々な環境制約があり、小さい儲けながらそこそこ上手くやった
と一定の満足はあるわけだし、ここで終わったとしても特に残念とは思わない。

ただ、自分の力でほぼ完全に統制できる「仕事」あるいは毎日の義務があったおかげで、
生活面や勉強面へのプラス効果が多分にあったと思われるので、それが失われないか気掛かりだ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる