チャゲ&飛鳥大特集


最近、チャゲアスの曲を聴くことが多いので
チャゲ&飛鳥大特集をお送りします。

別にチャゲアスが復活してほしいというわけでもなく、
ただ懐かしいだけのことです。

ひとり咲き(1979)

チャゲアスのデビュー曲、そこそこ有名でしょうね。
バリバリのフォーク調ですね。

1979年当時の僕はもちろんチャゲアスなんて知る由もない。
この頃の曲を知ったのは高校生になってから。

ここから『万里の河』がヒットするも
それ以降はいまいちヒットしなかった。

『流恋情歌』や『男と女』とか、いい曲ばかりなんですけどね。
フォークスタイルもそろそろ下火になりつつある時代だったせいか。

華やかに傷ついて(1983)

20数年ぶりに聴いた。
これはかなり好きな曲でした。

映像・音声ともに乱れまくってますけど、
あまりにも売れなかったせいかYouTube上でもかなり貴重ですね。
歌のお兄さん感がしっかり出ています。

MOON LIGHT BLUES(1984)

これも狙いの好き嫌いはあるかもしれないけど、
かなり印象に残る曲ですね。

1984年、そろそろ脱フォークを模索し出した頃なのか。

やはりカラオケ動画もあまり上がってませんけど、
こういうのも箸休めに歌ってみるのもよろしいんじゃないでしょうか。

モーニングムーン(1985)

1985年、ワーナーからポニーキャニオンへの移籍後がこうなるわけ。

フォーク調からロックへとガラッと変わりましたね。
ちょっとはっちゃけすぎでしょ。

しかしその甲斐あってか、「ザ・ベストテン」では『万里の河』以来、
5年ぶりのランクインを果たしたそうです。

指環が泣いた(1986)

もう~止まらんばい!って感じですね(笑)

これも好きな曲でしたけどね。

ポニーキャニオン移籍直後は
勢いにまかせたままの激しいロック調の曲が続いたが・・・。

LONDON POWER TOWN(1987)

その名もズバリ、ロンドンパワータウン(笑)

イギリスに行ったことで
もう一段階、その音楽性に変化・成長があらわれましたね。
ロック調にポップ感というかファニーさが加わって、
後の大ブレークの素地が出来上がった印象ですね。

モナリザの背中よりも(1990)

シングル化はされなかったけど、
この曲を聴きたいがためにアルバム『SEE YA』を買った。

ASKAがロンドンに生活拠点を移した後に制作されたアルバムで
『太陽と埃の中で』も収録されていた。

これから90年代、チャゲアスのミリオンヒット時代に突入してゆくわけだけど、
こうやって振り返ってみると
今日亡くなられた中曽根総理の時代で
日本が国際化してゆく世相にチャゲアスの成長は合致していたように思える。

そういえば表記も国際化に合わせてCHAGE&ASKAに変わったんだけど
僕の中ではやはりチャゲ&飛鳥のままですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる