名前をめぐるややこしい慣習


孔子の本名についてさらにカルトな知識として
字(あざな)は仲尼(ちゅうじ)といったらしい。

姓は
名は
字は仲尼

名と字が別にあるのが不思議だが
昔の中国では本当の名を諱(いみな)と言って
生きている人を実名で呼ぶことは不吉だとして避ける慣習があった。

それで諱の代わりに字で呼びあうことになる。

孔子で考えると難しいけど
日本人もよく知り過ぎている三国志で考えるとわかりやすい。

例えばあの諸葛先生の場合。

姓は諸葛
名は亮
字は孔明

正式な氏名は諸葛亮だが、
諱を避けて諸葛孔明と呼ばれた。

諱で呼ぶ例外は目上の者(主君であるとか)や
文書などの記録による場合。

いっそのこと”諸葛亮孔明”と全部並べて呼びたくなるけど
諱と字では矛盾関係のようなものだから正しくはないということになる。
(※文書の記録上はこのように記すこともあるらしいけど)

三国志の場合は物語の影響で諸葛孔明を筆頭に

劉備→劉玄徳(りゅう・げんとく)
関羽→関雲長(かん・うんちょう)
司馬懿→司馬仲達(しば・ちゅうたつ)

場合によっては
字呼びのほうが知れ渡っているぐらい。

僕ら世代になると光栄やナムコのゲームのおかげで
正式な名前のほうでよく知ってるけど
古い世代の人ほど字呼びしか知らなくて
「チョウウンて誰?趙子龍ならわかる」みたいなことがある。
(最近の小説やゲームではリアルタイム感を出すためにまた字呼びが増えてるのかも)

諱、実名を避ける文化は日本にも波及して
わかりやすい例が坂本龍馬

氏は坂本
名は直柔(なおなり)
字は龍馬

そして変名は才谷梅太郎と実にややこしい。

日本では明治時代に入って字・諱の併用は廃止され一本化され楽にはなったけど、
昔の人たちが諱を字を使い分けた感覚はさっぱりわからなくなった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる