レトロゲーム探訪記・第16回『大航海時代Ⅱ』その6


終盤になって”運”が大幅に下がったりして大変だったけど
ようやく『大航海時代Ⅱ』ジョアン編をクリアした。

daioukai30.jpg

ゲームクリアには爵位を上げて公爵になることと、
アマゾン川付近でマルティネス艦隊を打ち破ることの2通りがある。

後者がまた厄介で
南米に着いてからシナリオの進展についてネット検索すると
「あちらこちらの南米の港に出入りする」と書いてある場合と
「南米のどこかの港に午後に入る」と書いてある場合があって
何をすればフラグが立つのかイマイチよくわからない。

中南米の港をあちこち回った挙句、
カラカス港に午後に入ったらシナリオが進んだ。

sfc版でクリアした時もカラカス港だったから
やはり最後にカラカス港に入るのが正しいのだろうか?
(南米に着いて最初にカラカスに入ったところ何にもナシだったけど)


しかし結局、ネット検索しまくりで。
もっと簡単にクリアできるとものと思っていたのだが・・・。

次はエルネストかピエトロで探検・地図作成を楽しむつもりだったのが
ジョアンで散々やるハメになってウンザリしたから、ここは一休みしたい。


isin.jpg


PC-98版『維新の嵐』もあるのか。
これもプレイしてみたいところだが、残念ながらキーボードがね・・・。





PC-98版『維新の嵐』は連打する必要があって
スペースバーかリターンキーが壊れるという話は昔から有名だ。

現在使っているLenovoのキーボードはかなり気に入ってるから壊れては困るから
『維新の嵐』をやるとしたら、壊れてもいいキーボードを新たに用意しないと危ない。

つまりゲームプレイ料金1200円+キーボード代800円=2000円かかることになり、
この出費はかなり痛いからちょっと様子見。


taikou.jpg


『太閤立志伝』もおそらくPC-98版。
steamに出てる光栄の旧作にはオリジナルのPC-98版と
『信長の野望 覇王伝』のようにリメイク版とが混在している。

『大航海時代Ⅱ』みたいにPC-98版だと操作性やグラフィックが
今となってはキツいから迷いがあるのだろうか?

僕としてはオリジナルなままのPC-98版のほうが断然ありがたいけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる