第3回・本当は怖い「遠野物語」再読 


遠野物語といえば座敷童(ザシキワラシ)ですが、
その中でも特に印象に残るエピソードを取り上げてみましょう。

ザシキワラシまた女の児なることあり。同じ山口なる旧家にて山口孫左衛門という家には、童女の神二人いませりということを久しく言い伝えたりしが、或る年同じ村の何某という男、町より帰るとて留場の橋のほとりにて見馴れざる二人のよき娘に逢えり。物思わしき様子にて此方へ来たる。お前たちはどこから来たと問えば、おら山口の孫左衛門がところからきたと答う。これから何処へ行くのかと聞けば、それの村の何某が家にと答う。その何某はやや離れたる村にて、今も立派に暮せる豪農なり。さては孫左衛門が世も末だなと思いしが、それより久しからずして、この家の主従二十幾人、茸の毒に中りて一日のうちに死に絶え、七歳の女の子一人を残せしが、その女もまた年老いて子なく、近きころ病みて失せたり。(遠野物語18話)



住みつくようになればその家は繁栄するとされる座敷童だが、
必ずしも「呪怨」の俊雄クンのような男児ばかりではなく女児の場合もある。

遠野の土淵村・山口の裕福な山口孫左衛門の一家は
毒キノコを食べたことで滅びてしまうのだがそこに座敷童が絡んでいる。

話の様子からはこの事件が起きたのは
1830年~1840年頃、江戸時代の末期だと思われる。

この話は遠野の人々のみならず柳田国男の心をもつかんだようで
さらに掘り下げられてゆく。

孫左衛門が家にては、或る日梨の木のめぐりに見馴れぬ茸のあまた生えたるを、食わんか食うまじきかと男どもの評議してあるを聞きて、最後の代の孫左衛門、食わぬがよしと制したれども、下男の一人がいうには、いかなる茸にても水桶の中に入れて苧殻をもってよくかき廻してのち食えば決して中ることなしとて、一同この言に従い家内ことごとくこれを食いたり。七歳の女の児はその日外に出でて遊びに気を取られ、昼飯を食いに帰ることを忘れしために助かりたり。不意の主人の死去にて人々の動転してある間に、遠き近き親類の人々、或いは生前に貸ありといい、或いは約束ありと称して、家の貨財は味噌の類までも取り去りしかば、この村草分の長者なりしかども、一朝にして跡方もなくなりたり。  (遠野物語19話)



遊びに行って難を逃れた7歳の女児が孫左衛門家の唯一の生き残りだったという。
後に結婚したけど子はなく、孫左衛門の血筋は絶えることに。

この兇変の前にはいろいろの前兆ありき。男ども苅置きたる秣を出すとて三ツ歯の鍬にて掻きまわせしに、大なる蛇を見出したり。これも殺すなと主人が制せしをも聴かずして打ち殺したりしに、その跡より秣の下にいくらともなき蛇ありて、うごめき出でたるを、男ども面白半分にことごとくこれを殺したり。さて取り捨つべきところもなければ、屋敷の外に穴を掘りてこれを埋め、蛇塚を作る。その蛇は簣に何荷ともなくありたりといえり。 (遠野物語20話)



山口孫左衛門一家滅亡の因縁には”蛇”も登場する。
遠野物語拾遺にも家の傍に現れる蛇を殺してはいけないという話がよく出てくるが、
孫左衛門家は禁忌(タブー)に触れてしまったとことが続けて語られる。

右の孫左衛門は村には珍しき学者にて、常に京都より和漢の書を取り寄せて読み耽りたり。少し変人という方なりき。狐と親しくなりて家を富ます術を得んと思い立ち、まず庭の中に稲荷の祠を建て、自身京に上りて正一位の神階を請けて帰り、それよりは日々一枚の油揚を欠かすことなく、手ずから社頭に供えて拝をなせしに、のちには狐馴れて近づけども遁げず。手を延ばしてその首を抑えなどしたりという。村にありし薬師の堂守は、わが仏様は何ものをも供えざれども、孫左衛門の神様よりは御利益ありと、たびたび笑いごとにしたりとなり。  (遠野物語21話)



蛇は殺さないほうがいい、
キノコも食べないほうがいいと止めてみるだけの賢明さはあった当主の孫左衛門本人が
犯してしまっていた禁忌・・・それが”キツネ憑き”

キツネといえば人間を化かすというイメージが古くから馴染みがあるように
「遠野物語」にもキツネが化かすエピソードが数多く取り上げられているが、
キツネを使って呪力を得る”飯綱(いづな)使い”の話もいくつか登場する。

孫左衛門はこれに凝ってしまった、
いわゆる”キツネ憑き”であったと言わんばかりだ。
孫左衛門の血筋はすぐに絶えたので
”キツネ憑き”の家筋とのレッテルは張られなかったが。

地元の神仏を疎かにして、
キツネ様に昂じた挙句がこれだとせせら笑われている。


《座敷童》《蛇殺し》《キツネ憑き》


全てがそろったのだから、
孫左衛門一家は滅びる運命しかなかったという語り草は
いくら何でも酷なように思われる。

ある見解によると
キツネやら犬やらの”つきもの”迷信は
ある村社会に外部から移り住んできた裕福な家筋に対してだけ行われたらしい。
村民の妬みと反感から付き筋として吹聴され、排斥されるというのだ。

山口孫左衛門家の屋敷跡と墓の”石”だけは
いまでも遠野の田畑の中にポツンと残されているらしい。

それがまた「遠野物語」の恐怖を現代においても甦らせるかのように。

第2回・本当は怖い「遠野物語」再読 


「遠野物語」といえばロマンチックなイメージを抱いてる人も多いかもしれないけど
実際は背筋がゾクゾクするような怖い話が多いんですね。

そんな遠野怪異譚の中でも最も怖い話を。

この長蔵の父をもまた長蔵という。代々田尻家の奉公人にて、その妻とともに仕えてありき。若きころ夜遊びに出で、まだ宵のうちに帰り来たり、門の口より入りしに、洞前に立てる人影あり。懐手をして筒袖の袖口を垂れ、顔は茫としてよく見えず。妻は名をおつねといえり。おつねのところへ来たるヨバヒトではないかと思い、つかつかと近よりしに、奥の方へは遁げずして、かえって右手の玄関の方へ寄る故、人を馬鹿にするなと腹立たしくなりて、なお進みたるに、懐手のまま後ずさりして玄関の戸の三寸ばかり明きたるところより、すっと内に入りたり。されど長蔵はなお不思議とも思わず、その戸の隙に手を差し入れて中を探らんとせしに、中の障子は正しく閉してあり。ここに始めて恐ろしくなり、少し引き下らんとして上を見れば、今の男玄関の雲壁にひたとつきて我を見下すごとく、その首は低く垂れてわが頭に触るるばかりにて、その眼の球は尺余も、抜け出でてあるように思われたりという。この時はただ恐ろしかりしのみにて何事の前兆にてもあらざりき。  (遠野物語77話)



深夜に怪しい男が玄関から入るのが見えて
追って玄関の戸を開けたら障子は閉まっていて、
不思議に思って少し下がってふと上を見上げたら
壁の上に男が張り付いていてその顔が間近にあった。
しかもその目は30㎝も飛び出ている・・・。

明らかに聞き手をビビらせようとしている怪談。

ホラー映画「呪怨」の伽耶子みたいな感じです。
ふと振り向いたり、目が覚めたら、
逆さから伽耶子の顔が・・・みたいなシーンあったでしょ?

こういうところが現代Jホラーの原典を感じた所以なんですね。


ところで、これと似た話がもう一つ登場する。

栃内の字野崎に前川万吉という人あり。二三年前に三十余にて亡くなりたり。この人も死ぬる二三年前に夜遊びに出でて帰りしに、門の口より廻り縁に沿いてその角まで来たるとき、六月の月夜のことなり、何心なく雲壁を見れば、ひたとこれにつきて寝たる男あり。色の蒼ざめたる顔なりき。大いに驚きて病みたりしがこれも何の前兆にてもあらざりき。田尻氏の息子丸吉この人と懇親にてこれを聞きたり。  (遠野物語81話)



壁に張り付く男である点は同じだが、
今度は青ざめた顔でひたすら寝ているだけで目も飛び出ていない。

家に繁栄をもたらすとされる”座敷童”も
姿をあらわす際は「呪怨」の俊雄クンと大差なくて気味が悪いけど、
この”壁男”は描き方からして幸福をもたらさないのは明らか。

だからと言って、災厄をもたらす悪霊というわけでもないようだ。

この話はどちらとも、
遠野の土淵村・山口で最も裕福な田尻家周辺に由来するものであり、
その他多くの悪縁話とは違って、
少なくとも「遠野物語」出版時点で没落していたわけではなさそうだ。

田尻家は悪霊か悪い妖怪に憑りつかれているようにしか思えないが・・・。


「遠野物語」再読


「遠野物語」を読んだのは
大学生になって吉本隆明の「共同幻想論」を読んだ後のこと。

「共同幻想論」の前半が「遠野物語」の分析になっていて、
吉本隆明の文章も魅力的だったが
柳田国男もそれ以上に惹かれるところがあり、
当時はまさしく現代Jホラーの原点と思われた。

「三陸海岸大津波」を読んでから久々に読んでみた。


9978279040.jpg

遠野物語  付・遠野物語拾遺   柳田 国男  角川ソフィア文庫


「遠野物語」の出版は1910年だが、
明治三陸津波の幽霊の話に代表されるように、
時間のスパンとしては数十年程度のものが大半で
江戸時代の幕末の頃まで遡るのがせいぜい。

それ以前の時代の話となると
安倍貞任と源義家が戦った”前九年の役”(1056年)まで一気に飛んだり、
当時の遠野の人々の時間感覚が興味深い。

「遠野物語」と言えば
河童と座敷童(ざしきわらし)が有名すぎるけど、
登場するのはもちろんそれだけではない。

例えば二ホンオオカミについても
「遠野物語」では何度も語られている。

猿の経立、御犬の経立は恐ろしきものなり。御犬とは狼のことなり。山口の村に近き二ツ石山は岩山なり。ある雨の日、小学校より帰る子ども此山を見るに、処々の岩の上に御犬うづくまりてあり。やがて首を下より押上ぐるやうにしてかはるがはる吠えたり 。正面より見れば生れ立ての馬の子ほどに見ゆ 。後から見れば存外小さしと云へり。御犬のうなる声ほど物凄く恐ろしきものはなし。 (遠野物語36話)


現在では絶滅したとされるニホンオオカミと思われるが、
ここに語られるサイズ感がとてもリアルですね。

佐々木君幼きころ、祖父と二人にて山より帰りしに、村に近き谷川の岸の上に、大なる鹿の倒れてあるを見たり。横腹は破れ、殺されて間もなきにや、そこよりはまだ湯気立てり。祖父の曰く、これは狼が食いたるなり。この皮ほしけれども御犬は必ずどこかこの近所に隠れて見ておるに相違なければ、取ることができぬといえり。  (遠野物語39話)


佐々木君というのは佐々木喜善のことで遠野の出身。
「遠野物語」の民話を集めて柳田国男に提供した本人だが、
その幼少時だから1890年代の話と思われる。

日本に剥製として残る最後のニホンオオカミが捕獲されたのが1905年。
(1910年にも捕獲された写真があるらしい)

オオカミが絶滅した原因については諸説さまざまだが、
19世紀の終わり頃まではまだポツポツと生存していたことが
「遠野物語」からもうかがえる。

現代の水準からすると「遠野物語」のような民話は
その方法において危ういものだろうけど、
様々な切り口で読み解くことができて
いつになっても興味が尽きませんね。

夢幻のごとくなり

大阪では閉店する一方だったブックオフだけど
八尾に珍しく新店舗が出来るらしい。


【八尾市】9月末で閉店した25号線沿いエディオン八尾太子堂店の跡地にできるのはブックオフ!現在スタッフ募集中ですよ~!


僕がせどりを始めてから
何店舗が閉店していったかと・・・。

せどりに熱を入れていた頃は
ブックオフが減少する一途をたどるあまり、
夢の中で2軒ぐらいブックオフ店舗を生み出していたほどだ。

「また夢の中にしか存在しない店舗に来てしまった・・・」

そう思いながら夢を見ているという。

しかしやがてその夢の中のブックオフや古本屋が
あそこら辺に行けば本当にあるような気がしてくるんですね。
現実には無いのが当然なんだけど。

かつてほどブックオフにも行けなくなってるのに
最近もその夢を見たような気がするんだけど
歳のせいか体調のせいかあまり覚えてない。


51Z51CYPRTL.jpg

三陸海岸大津波  吉村昭  文春文庫


ここ最近は台風ばかりで
大阪南部では震度3,4クラスのやや大きめの地震がなくなった。
(※調べてみると大阪北摂の地震からまだ1年ちょっとしか経ってないが)

東日本大震災の前後から年に1回は
少し危険を感じるような地震があったと思うが。

”歴史は繰り返す”
明治と昭和に起こった三陸大津波のことが書かれているが、
あの柳田国男の「遠野物語」にも明治三陸津波の話が出てくる。

それは大津波で亡くなったはずの妻が
ある夜、別に犠牲となった男と連れ立って姿をあらわすというもの。

夫が妻に呼びかけてみたところ、


自分が聟に入りし以前に互に深く心を通わせたりと聞きし男なり。
今は此人と夫婦になりてありと云うに、子供は可愛くは無いのかと云えば、
女は少しく顔の色を変えて泣きたり。


そしてやがて妻と男は消え去ったという、
夢か幽霊にしては妙なリアリティも混入する話。




危険な作家の思考に触れる

516J4PFCVNL.jpg

葉隠入門 三島由紀夫 新潮文庫


ああついに手を出してしまった・・・。
三島由紀夫に。

三島由紀夫ってどんなイメージを持たれているのだろう?

僕の中でも世間一般の方とそう大差のない危険人物のイメージだった。

はるか昔に「仮面の告白」ぐらいは読んだことがあったけど
その時点ですでにサドマゾの危険な香りを漂わせていたし、
僕が生まれる前に起こったあの「事件」のこともあって
まわれ右してそれ以上は立ち入る必要もない作家だった。


「葉隠」をよく読んだことのない人は、いまだに、
この本に忌まわしいファナティックなイメージを持っている。


「葉隠」がそのようなイメージを持たれると同様に、
三島由紀夫自身もファナティック(fanatic)なイメージを持たれている。
(少なくとも僕は持っている)

そんなファナティック同士のシナジーが働いて、
あの事件を引き起こしたのかと納得させられる。
三島由紀夫の思考や行動がよくわかる本なのだ。

読んでみると「葉隠」及び三島由紀夫に共鳴するところも確かにある。
しかし何だかなあ・・・という反感も禁じ得ない。


”武士道といふは、死ぬ事と見附けたり”


これが最大の問題なんですよね・・・。

死ぬことを目的化してしまったこと。
人間はいずれ死に至るんだから目的と言えば目的だろうけど、
ここに脳が発達しすぎた人間ならではの論理的倒錯、言葉の意味のズレがあると思う。

実際のところ、戦国時代までのの武士なんて
生き延びるためには何でもやるような連中であって、
死をも恐れないというのはあるだろうけど、
死ぬことが目的なんて絶対ないと思う。

「葉隠」にあるのはすっかり平和な江戸時代の、
佐賀というあるローカル藩に生まれた特殊な武士像だろう。
(上方武士に対する反感も述べられている)

三島由紀夫はあの時代にあって、
日本の文学が日本語という閉ざされた言語表現の世界でしかないことをすごく意識していながら、
死を目的化するニヒリズムこそ日本文化の真髄としてしまったことが
三島由紀夫をあの事件に走らせた矛盾なのかな。
死が目的からさらに手段へと変わってゆくのにはまた原因があるのだろうけど。

結局は「やっぱりジャップはクレイジーだ!」が繰り返されることになる、
何ともやりきれなさが残る一冊だった。

三島由紀夫はしっかりとした知識といい思考といい、
それでいてすごく弁も立って
作品を生み出す偉大と呼ばれる作家はこうでなければ・・・と思ったけど、
いまだにうるさ型も多いからこれ以上深入りすることはないだろう(笑)



読書の秋 2019


ペーパーバック一冊を初めて読み通せたことで
引き続きチャレンジしたのは先月のことだ。


51vkt2mMdBL.jpg
THE CLOSERS / マイクル・コナリー


これも10年前に購入して放置したままだったマイクル・コナリーの推理小説。
(邦訳は『終決者たち』)

結論から先に申し上げると甘かったですね。
途中で話がわからなくなってしまって断念してしまった。

引退していたハリー・ボッシュが再びロス市警に呼び戻されて、
未解決殺人事件の捜査班に再配属され、
コールド・ケース(open unsolved case)に挑むという話だが・・・。

思えば冒頭からわからなすぎる単語が出てきて、
嫌な予感満載の船出だった。

未解決殺人事件の捜査というものは
20年以上前にすでに行われた捜査ファイルを読み込むことが中心となる。

だから最初は必然的にインドアなシーンが続くのだが、これが辛い(笑)
そこが”LOST LIGHT”との大きな違いでどこか把握しづらい要因なのか。

少ない英単語ボキャブラリーを状況把握で補う読解法の限界が、
2冊目にして早くも露呈した。

2週間ほど踏ん張ってみたものの、半ばで豪快に投げ出した。
ペーパーバックを当たり前のように読みこなすまでにはまだ道遠し。


・・・というわけで
ここ一か月またもや英語離れしています。

単語力をどう鍛えればいいのか?

TOEIC TEST用の単語集を買ってパラパラ眺めてみたが、
そこに掲載されている単語は
僕が必要としている単語とはちょっと違うような気がするし・・・。


こんな具合にペーパーバックを投げ出してからというもの、
台風の襲来やら、体調がイマイチだったりで
9月の途中から読書欲が絶賛低下中だった。

被害がかなり出ているようだけど
台風も過ぎてようやく少し涼しくなりそうな気配なので
ブック○オフ等で何冊か買ってきた。

513mtbe5jgL.jpg
左手に告げるなかれ 渡辺容子 講談社文庫


読み始めたけど面白いのか面白くないのか、
集中力が低下しすぎてそれすらもよくわからない。



台風19号・HAGIBIS

現在、台風19号が大阪に最接近している時間帯みたいだが、
それなりに雨風ありますね。

まだ列島から離れたはるか洋上に位置しながら、
進路が北北東に変わって進行方向左側、
暴風圏の縁にギリギリ入る程度の大阪でこれだから
さすがいまだに中心気圧945hPaもある大型台風。

hagi.png

昨日夕方にドラッグストアに寄ったら
ペットボトルの水だけ売り切れていた。

今回の台風19号は大阪には来ないとわかっていても
昨年の台風21号の記憶で
みんな買い溜めに走ってしまうようだ。

とりあえず、
お茶とキャベツ太郎だけ買ってきたけど。


2019年・凱旋門賞、雑感


もう凱旋門賞の季節だったんですね。
気にしてはいたんだけど。

今年はエネイブル(Enable)の
牝馬にして史上初の凱旋門賞3連覇がかかったレースでした。




やっぱり凱旋門賞はおもしろすぎますね。

最後の直線、残り300mで抜け出したエネイブルが他馬を突き放しにかかって、
このまま勝ってしまうのか!?と思ったら・・・。

ゴール板まで100mのところで、
外からヴァルトガイスト(Waldgeist)が一気に伸びて、
残り50m、ゴール板の直前で見事にかわしました。

前から3,4番手でレースを進めていたエネイブルを
中団やや後ろめでマークし続けたヴァルトガイストが
イメージ通りの競馬をしたんでしょう。

これが凱旋門賞なんです。
日本の競馬だとあの脚色(あしいろ)であそこで抜け出したら
ほぼそのまま勝ててしまうのがありがちなパターンなんですけど、
その後まだまだ襲いかかってくる馬がいるのが凱旋門賞(笑)

なんて書きつつ、
今年に入ってエクリプス賞、キングジョージⅥ&クイーンエリザベスSと
ビックレースを連勝して、
ステップレースのヨークシャーオークスとG1を3連勝して順調だったので
史上初の凱旋門賞3連覇もほぼ間違いなし、と思ってたんですけど。

勝ったヴァルトガイストは
馬名、馬主、母系(ファミリーライン)からして
非常にドイツ色が濃厚な牡馬ですが、
父はGalileoで生産はイギリス、
そしてフランスの厩舎に所属している馬。

これまでG1レースを3勝していたんですけど、
エネイブルとの対戦成績は3戦3敗でした。

4戦目の大舞台でついにエネイブルを降したということになります。

大柄で身の詰まった馬体の女傑・エネイブルと比べると
小柄で貧相に見えるヴァルドガイストがゴール寸前で差し切った瞬間が
なかなか印象的な凱旋賞でした。


プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる