映画『HOUSE(ハウス)』を見て


何年ぶりかわからないけど
1万円以上の本が売れてくれたので
Amazonで映画をレンタルすることに。
91SVzaS-ywL_.jpg
HOUSE(ハウス) 1977年 東宝


今まで見たことがなかったけど
あの大林宣彦監督のデビュー作らしい。

もうデビュー作から”A MOVIE”で始まるんだなあって。

夏休みに少女たち7人が訪れた”館”で次々に殺されてゆく、
コメディータッチのカルトホラー。

どことなく自主制作映画のノリが漂っていて、
おそらく当時では最先端の特撮技術がバンバン使われている。

house.png

このどことなく不吉な予感のする夕焼け空は
同監督の『ねらわれた学園』にも登場してとても印象的なんだけど
実はどうやら本当に絵に描いたものらしい。

これが1977年当時の最先端の特撮です。
そこは時代の制約だから仕方ない。

ところでこの作品には特撮技術だけでなく、
当時ならではの有名人がチョイチョイっと登場してくるけど
みんな気づいているかな?

いや何がって、
その登場人物がホンモノか、ただのソックリさんか的な話。
エンドロールまで見ればわかるんだけど。

house 2

もちろん、『トラック野郎』の”一番星”菅原文太。
それはわかる。

けど、菅原文太本人じゃなくてソックリさんらしい。
これは気づかなかった。

寅さんが本人じゃないのはすぐわかるけど
こっちはてっきり本物だと思った。
うっかり騙されちゃいましたね。


そしてネタバレになるけど

house5.png


”先生”の最期はバナナに埋め殺されたってことでいいのかな?

他の登場人物は”館”の中で殺されるのに、
先生だけが入る前に殺されたことになるけど・・・。


今となると妙なノリも感じるけど
もともとヘンテコな映画にするのが狙いだったらしいから
変なテイストの映画だと感じればそれでいいのかもしれません。


それにしても当時の女優さんはよく脱ぎますね。
池上季実子なんかまだ18歳だって。

そして関係ないもう一人まで・・・。
(よく見たら南田洋子まで脱いでいた!)


ところでwikipediaにはこんなことが書いてある。

撮影所の助監督を経験していない大林が監督することに、当時の東宝の助監督たちは反対した。(中略)それに対し、「我々が映画を作っても、ヒットしない。ここは、外部の人にやらせて、どれだけのものができるかを知ろうではないか」と説得したのが、前年末に堀川弘通とともにフリーとなったものの東宝系監督としては依然重鎮であった岡本喜八であった[6][21]。


これが本当なら
まるで三国志における、赤壁の戦い前夜の呉の重臣たちを思わせるような消極性だが。


『天河伝説殺人事件』を見返す


917Uez6OxnL.jpg

天河伝説殺人事件 1991年 角川書店


先日、”平成映画この一本!”邦画部門で大賞に輝いた作品。

予備校生の頃は山村美紗の小説、テレビの火曜サスペンス。
大学一年は横溝正史の小説と映画の石坂金田一シリーズ。
大学二年は島田荘司、綾辻行人などの新本格ミステリ小説。
大学三年は内田康夫の浅見光彦シリーズ。

・・・こんな僕にとって
「天河伝説殺人事件」という映画がいかにドストライクであったか
わかっていただけるであろう。

巨匠・市川崑による石坂金田一シリーズは
70年代の角川映画の金字塔で僕も好きなんだけど
ホラー映画という偏りがあったり、時代的な古さもあって。

それが「天河」では1991年というバブル時代に、
ホラー的な色彩も取り払って真正面から作られ(作り直され)、
とにかく洗練されていると当時は感じたわけです。

tenkawa6.jpg

ただ、当時は何度も見たといっても
ビデオテープに録画したものだったから画質は非常に悪くて、
影を多用する市川崑の手法だと
冒頭の派出所のシーンなんて真っ暗で何にも見えなかったんだけど。

tenkawa.jpg

現在流通している「天河伝説」も
デジタルリマスタリング(?)的な処理は施されていないようだが、
ビデオ録画よりは画質が良くて当時よりもまだはっきり見えます(笑)


当時はどこかボヤけて見えた浅見光彦の”ジャガー”も
くっきり映って高級車だとわかりやすい。

tennkawa5.jpg

僕は車のことはよく知らないけど
浅見光彦の愛車と言えば小説ではトヨタの「ソアラ」と決まっていたのに
何故ジャガーなんて高級な外車になったのか?
(ソアラも国産車としては高級車だったけど)

そこにどのようなロジックがはたらいているのか真相は不明だけど
「世はバブルだったから」とういことに尽きるんでしょうね。

tenkawa4.jpg

それとネタバレ的になるからなんですけど、
実はこの映画のロケ地は天河神社ではないと知って少々ガッカリ。
ネット時代はこういった知らなくていいことも簡単に知ってしまうから・・・。


そにしてもレンタルは2日間の視聴制限があるから
締め切りのない日常なのに急に追われるような気分になる。

tenkawa7.jpg

「キミスイ」も2度見てさらにあちこち見直したり、
古本を買ってきてそれも読まないといけないし、
他にもYouTubeで見たり聴いたりしないといけないものもあって
この2日間はやけに忙しい・・・。


(追記)
Amazonのレンタル版ではエンドロールがカットされ、関口誠人の主題歌が聴けなかった。
昔々、地上波で放送した際もカットされていたような・・・。残念でならない。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる