スペシャルウィークの頃は

スペシャルウィーク死す ダービー初V馬に武豊「一生忘れられない馬」

98年のダービー馬でG1を4勝したスペシャルウィークが27日、けい養先の北海道日高町の日高大洋牧場で死んだ。23歳だった。武豊騎手にダービー初勝利を届けた馬で、種牡馬としてもG1を6勝したブエナビスタ、05年のオークス、アメリカンオークスを制したシーザリオ、14年菊花賞馬トーホウジャッカルなどを輩出した。


当時はすでにサンデーサイレンス産駒の速さは常識化していたけれど
中でもスペシャルウィークの飛びぬけた瞬発力は新馬戦の頃から注目されていて、
武豊に初のダービー制覇をもたらすことはほぼ確実視されていたように覚えている。



母系を辿るとスペシャルウィークはいわゆる”小岩井牝系”から生まれた名馬でもあり、
欧州に比べると短いかもしれないけど、日本のサラブレッドの歴史を背負っていた。

・・・当時はそこまで知らなかったけれど
まだマル外(外国産馬)と国産馬との間に壁(血統的・実力的)があった時代で
スペシャルウィークは”日本馬のエース”的な位置づけで
同期の外国産馬グラスワンダーとの対決は記憶に新しい。



1999年の宝塚記念でグラスワンダーに突き離された時は
信じられないものを目の当たりにした気がした。

当時のグラスワンダーはどうしてもマイル・ホースのイメージがあって
まさかこの距離(2200m)で、と。


レースが終わってみると、
グラスワンダーのいかにもマル外らしい筋骨隆々でゴツい馬体に比べて
スペシャルウィークはいっそう細く、ガレて貧相に見えた。



そして暮れの有馬記念の名勝負。
さすがにこの距離(2500m)ではスペシャルが勝った!

・・・と思ったら、まさかハナ差で一着はグラスワンダー(笑)


さらに同世代にはスペシャルもグラスも寄せ付けなかった、
もう一頭のマル外の怪物・エルコンドルパサーもいるなど
日本の馬場においてもまだガラスの天井というやつがありましたね。


引き続き 1Q84


相変わらず体調が悪くて外出するのも億劫だったのだが
古本屋まで行ってようやく買ってきた。


41shjjawEPL.jpg

1Q84  BOOK2 / 新潮社


これ以上、先延ばしにすると
BOOK1の内容を忘れてしまいそうだったから。

今回はせどり目的ではなかったけど
単行本の「ノルウェイの森」上下巻が目に止まり、
つい期待して手にとって奥付を見ると惜しくも3刷だった。残念。

文庫版「羊をめぐる冒険」上巻できれいめのが80円であったから
それも買ってきた。

02497122_1.png

羊をめぐる冒険 上巻  / 講談社文庫

2004年に新装版カバーになったようだけど
色合いが強くなっただけで表紙絵を昔と変えなかったのが良い。

昔読んだ文庫本がガッカリ表紙に変わっていることが度々ある。
角川文庫に多いのは何故なんだろう??





『不如帰(ホトトギス)』とは懐かしい。

というか、このゲームを持っていたことも薄ぼんやりとしてほぼ忘れていた。
すごくとっつき難いSLGゲームだったことだけ覚えている。

『不如帰』の発売元がアイレムだったことはつい先日まで知らなかった。

僕からするとアイレムと言えばせいぜいが『スペランカー』ぐらいで
それ以外となると特に印象のないゲーム会社だったけど(『R-TYPE』もここ)
実はこの会社を創業したのはカプコンの創業者であり
現・会長だと知ってる人はどれだけいるだろう。

沿革
1969年 アイ・ピー・エム商会として、辻本憲三によって大阪府で創業される。
1974年 アイ・ピー・エム(IPM)株式会社設立される。駄菓子屋などへのゲーム機設置業を行っていた。
1977年 『ブロックくずし』のブームに伴い、石川県のナナオグループ・七尾電機と生産提携した。七尾電機はブラウン管でテレビなどを作る機器メーカーであったため、テレビゲームに必要なブラウン管の調達が容易であり、後述の『ブロックくずし』や『インベーダー』の亜流を作る際、他社と比べ短期間に大量製造するのに有利であった。
1979年 社名をアイレム株式会社に変更する。
1980年 ナナオが大株主となる。
1982年 高嶋哲ナナオ社長がアイレム社長を兼任する。辻本憲三は代表権のない会長になる。
1983年 辻本憲三が会長を退任する。


パソコンのディスプレイ装置でお馴染み(EIZO)の七尾電機によって追われる格好にはなったけど
それがカプコン創業につながったのだからわからないものですな。

もし1983年にアイレムを追われていなかったら、
もうひとつの1984年、1Q84はどのようなものになっていたのだろう・・・。

『わたしの外国語学習法』(ロンブ・カトー)を読んで


トロイア遺跡などを発掘したシュリーマンが18か国語を話せたことは有名だが
ロンブ・カトーもハンガリー生まれの16か国語を操る”言語屋”(linguist)であり、
その中には中国語、日本語まで入っているのはちょっとすごくないか?

513Z50GF88L.jpg

わたしの外国語学習法 /ちくま学芸文庫


”外国語学習法”なんてタイトルだからと甘く考えて読み出してみると
通訳・翻訳家の教育論的な難しい話が多かったり、
ハウ・トゥー(How-to)本のようにわかりやすくまとめられていなかったり、
とりあえず英語を習得したいだけの人間が安易に読むと
「何だかなー」といった読後感しか残らない。


ling.jpg


それもそのはず、
著者は1909年生まれの人で
外国語習得を始めたのは第二次世界大戦よりも前のことだ。
インターネットどころかテレビもなく、
使えるツールと言えば本・辞書・新聞・ラジオがせいぜいといった時代、
言うなれば情報に飢えていたstarvingな時代の話だから
その方法論となると現代人には根性論に聞こえてしまうのも仕方ない。
(さらに昔のシュリーマンになると、文法もわからぬまま原書を大声で何度も読み暗記!)

そんな著者が掲げる外国語習得の10のアドバイス(p.211~)。


①外国語は毎日学習すること
②意欲が無い時は自分に鞭打たない。しかし学習は捨てない
③文脈から離れて覚え込まない
④「成句」を覚え込む
⑤見かけるもの全てを訳してみる
⑥正しいものだけを覚え込む
⑦成句や熟語を1~3人称単数で覚える
⑧外国語は四方八方から同時に襲撃すべき砦
⑨しゃべること、誤りを直してもらうことを恐れない
⑩達成への確信を持つこと



ネガティブなことばかり書いてしまった気もするけど
当然ながら中には面白い話もちょいちょい目にするもので
例えばハンガリーの外国語教育事情。

第2次世界大戦後、ハンガリーは旧・ソ連の影響下におかれたことから
学校で学ぶ必修外国語と言えばロシア語だったのだが

4~7年間ロシア語を習得し、ロシア語の名詞の格変化と動詞の活用変化、さらに必須単語をしっかりと身につけたはずの学生113名中、コップ一杯の水をきちんと頼むことができたのは、わずか4名だった (p.66)

(※EU加盟後はマルチリンガル政策により変化しているらしい)

どこかの国と似てる(笑)

昔から言われてきたけど
”ウォーター”が通じずに撃沈するらしい。

”ワタ”、いっそ”ワラ”のほうがイケる。
さらには”ワダ”がいいとも言われる始末だ。

ところが、それは全てアメリカ英語の話で
イギリスに行けば”ウォーター”で通じるという。
”和田!和田!”では却って不正解。

そういった事情も絡んでいるから実に厄介なのだ。


しかし、なにより面白いのは訳者あとがきにある、
印税を支払わない創樹社(※2002年に自己破産)からの版権引き上げ宣言だったりする・・・。


読書”中”感想 その2


「海辺のカフカ」がやけに面白かったから
次の村上作品を読んでみよう。

・・・ところが困ったことに
「アフターダーク」がブックオフで見つからない。

村上春樹の長編小説は発行順に読んでゆくのが”正しい”、
そう考える僕にとってかなりの妥協なんだけど
あの超大作のほうを先に読むことになった。


41FCx5v6V9L.jpg

1Q84 BOOK 1 /新潮社


文庫版のBOOK1・前編を買って読み始めたのだが
BOOK1・後編が見つからず、BOOK2・後編を買ってしまった。

「1Q84」の文庫版は衝撃の6分冊にもなっていて
こんな調子だと105円/冊でしかも状態の良いものを
全巻揃えるまでに何か月もかかりそうだったから
単行本のほうで読んでいくことにした。

単行本を手に取るのは久しぶりだったんだけど
右手の腱鞘炎がようやく緩和してきたと思ったら
今度は左手が腱鞘炎になってしまい、
「1Q84」のこの重さはなかなか攻撃力があるなと。

そうやって痛みに耐えながらBOOK1を読み終えたのだが
”村上ワールド”の展開が遅く、そして弱く感じられて
引き込まれるまでに時間がかかった。

夜空に月が二つ浮かび(単行本p.351)、
リトル・ピープルが口から出てきて(p.446)、
ふかえりが失踪(p.502)して「ようやくか」と感じてしまう。

ここまで来ると続きが早く読みたくなるんだけど
状態の良い単行本のBOOK2が見つからない・・・。


51-YvliNN4L.jpg

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? /ハヤカワ文庫


「1Q84」のBOOK2が手に入らないので
仕方なくこちらを読み始めた。
こちらは文庫本なので腱鞘炎にも優しい。
(と言っても油断すると激痛が走る)

この有名な「電気羊」は随分前に購入したんだけど
冒頭の電気仕掛けの動物がどうのこうのといった話に興味が惹かれなかったり、
そもそも海外小説やSFがいまいち苦手だったりで
放ったらかしにしていたものだった。

アンドロイド狩りが始まる頃になるとようやく面白くなってきて
”もう一つの警察機構”の登場がスリリングで一気に引きこまれる。

AI(人工知能)が話題になるようになって多くの人が同じ感想を持つだろうけど
現実の世界にもアンドロイドが登場して
アンドロイド狩りを行わなければならなくなる日がいずれやってくるのだろうか?



”a”と”the”と”  ”の問題


JRR Tolkien's first Middle Earth story, The Fall of Gondolin, to be published

JRR Tolkien's The Fall of Gondolin, which the author described as "the first real story" set in Middle-earth, is to be published as a stand-alone book for the first time.


「ホビットの冒険」「指輪物語」が西洋ファンタジー世界の基礎を作ったことで有名だが
トールキンの著作はこの2点に止まらず、その死後にも編集・刊行され続けていたとは知らなかった。

しかも「ロード・オブ・ザ・リング」が映画用のタイトルではなく、
「指輪物語」の原題だったとことも知らなかった。

おまけに英語表記だと"The Lord of the Rings"だったんですね・・・。

本来なら「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」とすべきだったのを
色々考えて”ザ”と”ス”を落としたんだろう。

ザ・が2回入るのはまどろっこしいだとか
リングスが指輪の複数形のことだとすぐに結びつかない等々。

片仮名表記に限って考えると一概にマズい邦題とも思えないが
海外の人からすると「何故、日本人はみんなを飛ばすの?」となる。


The Lord of the Rings...


見れば見るほど
日本人にとって苦手な"a"と"the"の問題が浮かんでくる。

不定冠詞"a"は限定なしに数えられるもののうちの一つの場合で、
定冠詞"the"は限定して指す場合。

この"the Rings"はサウロンが作ったいくつかの指輪だけを指すから"the"で限定しないといけない。
たとえ高価なダイヤの指輪でもそこら辺のものは関係ないから。

・・・などと自分を説得することはできるけど
仮に"Lord of Rings"というタイトル表記でも疑問には思わないだろう。

"a"か"the"かの問題は
"the"が付く・付かないの問題にもなるからすごくややこしい。

そもそもネイティブな人々は"a"か"the"かで悩むこと自体がないという。
後から文法的に学ばなければならない多くの日本人からすると信じられない話ではないか?

しかし、"the"が付くか・付かないかは英語が相当よく出来る日本人でも
それちょっと怪しいのでは?と感じてしまうこともある。

例えば

Japanese Prime Minister
U.S.President

何となく”the”を付けるものだと思っていたのだが
一つしかない地位だから省略出来るという。

ところが"the"を付けて記述してる場合も少しは見受けられ、
本来は付けるべきところを省略しているから付けても付けなくてもいいということなのか
わからなくなってくる・・・。

こうやって文法ばかり考えていると前に進まないから文法は捨てたつもりが、
やはり文法の、しかも初歩的な悩みに舞い戻って来る。

一歩も進めてないという。

つくづく日本人だなって感じてしまう。




事実が小説やドラマよりも奇ならば


アマゾンが製作費1000億円で「指輪物語」ドラマ化か、米報道

現在、米Amazonがドラマ化を進めている『ロード・オブ・ザ・リング』の製作費が総額10億ドル以上になると Hollywood Reporter が報じている。

 『ロード・オブ・ザ・リング』のドラマ化をめぐっては、AmazonとNetflixが争奪戦を繰り広げていたが、昨年の11月にAmazonが2憶5,000万ドル(約275憶円)で権利を獲得した。ドラマ版はAmazon、トールキン財団、出版社のハーパーコリンズ、ニュー・ライン・シネマによる共同製作となり、10億ドル(約1,100億円)以上にも及ぶ製作費を費やして全5シーズンを完成させるという。(1ドル110円計算)



『ロード・オブ・ザ・リング』も結構だけど
起こりつつあるトランプ大統領との戦争をドラマ化したほうが面白いのに。



Trump Attacks Amazon, Saying It Does Not Pay Enough Taxes


トランプ大統領 vs. Amazon.com

片やアメリカの最高権力者、もう一方はネット界の巨大帝国。

一民間企業が大統領や政府相手に戦えるのか?

日本や中国では考えられないことだが
アメリカだとこれが意外と互角以上に渡り合えそう。

20170126-.jpg

"You're fired!"
ホワイトハウスの大統領執務室で声を荒らげる大統領

それぞれの思惑が複雑に入り乱れる
CIA、FBIに民主党、共和党、各種メディアもオールキャスト出演

反トラスト法をちらつかせる司法省に
Amazonはスーパーエリート大弁護団を結成して対抗

相変わらず止まらない下半身スキャンダルに
謎のカルト系新興宗教団体まで登場

飛び交うドローン編隊に
暴走するGoogle自動運転車

ロシアのスパイが暗躍し
サイバー攻撃によってダウンするAmazonサイト
激しく炎〇する市川フルフィルメントセンター

仮想通貨は乱高下し
微笑むアノニマス

そしてクライマックスは
アメリカと言えば迫真のカーチェイス!




常識を超える事件を先に描いた小説やドラマは現実にはあり得ないと否定され
常識を超える事件が現実に発生すると先に描いていた小説やドラマが再評価される。

突拍子もない事件が相次ぐ度に小説やドラマの価値が下がっている昨今だが
実際に発生している事態とリアルタイムに進行するようなドラマがあれば
大ヒットするに違いない。

毎度毎度、訃報について書くブログではないけれど


高畑勲さん死去 アニメ監督「火垂るの墓」 82歳

映画「火垂(ほた)るの墓」やテレビ「アルプスの少女ハイジ」などで知られるアニメーション監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日、肺がんのため東京都内の病院で死去した。82歳だった。葬儀は近親者で営む。お別れの会を5月15日に開く。
 三重県伊勢市生まれ。1959年、東映動画(現・東映アニメーション)に入社し、後輩の宮崎駿さん(77)と知り合った。68年、映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で監督デビュー。70年代に宮崎さんと組んで、「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」などのテレビアニメ演出を手がけた。



高畑勲と言えば「火垂るの墓」でお馴染みの方でしたが
宮崎駿の陰に隠れた存在といった印象を持っているのは僕だけではないはず。

僕なんかはジブリ第一世代(ナウシカ、ラピュタ、となりのトトロ)で
宮崎駿や高畑勲の名を認識するようになったのはジブリ作品になってからだけど
ジブリ以前の、TVアニメ時代の高畑作品というのも結構見ていたんだなと後から知る。

高畑勲が関わった思い出のアニメ作品をオープニング映像で振り返ってみましょう。


アルプスの少女ハイジ(1974)

われわれ世代で”ハイジ”を全く見ずに育った人間はまずいないだろう。
しかし今見るとハイジもペーターも一層幼く見えてしまう・・・。


フランダースの犬(1975)

これまたわれわれ世代でこれに涙せずにいる者がいただろうか?
・・・と言いたいのはやまやまなんだけど、
”フランダースの犬”はほとんど見たことがない。
”ハイジ”ほど再放送されてなかったんじゃないか?


母をたずねて三千里(1976)

これは好きでしたね。雰囲気のよく出たOP曲。


ペリーヌ物語(1978)

これもうろ覚えで見ていた気はするけれど、ストーリー等は全く覚えていない。
翌年の「赤毛のアン」と記憶も混ざっていたり。

以上、ここまではフジテレビ日曜19時半から放送されていた世界名作劇場の枠。


未来少年コナン(1978)


高畑&宮崎コンビによるNHK制作の超名作。
後のジブリ作品であるナウシカ、ラピュタに通じるところが多数ある重要作品ですね。
夏休みになる度に毎年のように再放送されていたけれど
最終話まで見ることが出来たのは稀だった。

(※追記:”コナン”は宮崎駿監督によるもので高畑勲の関わりは限定的なものでした)


じゃりン子チエ(1981)


これが高畑勲監督だったというのが意外や意外(笑)
もちろん飽きるほど見たけど、何で子供にこんなアニメ見せるんだ?と
子供ながらに疑問に感じてしまうぐらい、下町人情を描き過ぎる名作だった。
自分は仕事せずに小学生の娘にホルモン屋で働かせているテツなんて
欧米だったら児童虐待で逮捕間違いなしだろう。
”じゃりん子チエ”の舞台は大阪・西成区の一角だが
いくら原作があるとは言え、高畑勲は大阪に住んだこともなさそうなのに
コテコテの大阪下町風情というものをよくここまで表現出来たものです。
逆に大阪の子供たちが学んで育つという・・・。


51MTZ4RPBX.jpg

エイプリルフールのネタではなかった


たけし独立の真相を軍団が暴露「森社長からの謝罪を受け入れ出直しすることに」

 4月1日より「オフィス北野」を独立し、新事務所に移籍したタレントのビートたけし(71)について、弟子である「たけし軍団」の浅草キッド・水道橋博士(55)、タレントのグレート義太夫(59)らがそれぞれのブログ、Youtubeなどで「たけし軍団一同」として声明を出し、一連の経緯を説明した。
 声明によると、たけしが独立を決意するにあたっての大きな理由のひとつとして、数年前からオフィス北野社長の森昌行氏による不透明な金銭の流れが存在したことを指摘。森社長がたけしに相談なく筆頭株主となり、役員や社員に高額な報酬を払っていたことが問題視されたという。


4月1日と言えばエイプリルフールとされているから
この騒動もどこまで信じていいのかわからなかった。

まさか”世界のキタノ”が食い物にされていたとは・・・。
「たけしの挑戦状」でわれわれファミコン少年を食い物にした報いだろうか?

ファミコン時代の遺恨はさておくとして
突然降って湧いたような今回の騒動で、今まで持っていたイメージと随分違う実態を知らされた。


まずはオフィス北野の森社長

フライデー襲撃後か、バイク事故の長期リハビリ明けだったか覚えてないけど
かつてビートたけしの復帰会見を上手く取り仕切ったことにより、
物腰柔らかで有能そうな社長でビートたけしも信頼している、
僕も含めて視聴者はその印象をいまだに持っているに違いない。

それなのに、あの森社長がね・・・。
そこまで信頼関係が破綻していたとは予想もしなかった。


そして今や”疑惑の総合商社”となったオフィス北野

てっきりビートたけしの個人事務所であり、
ビートたけしと妻ぐらいが株主と思っていたのだが実はそうではなかった。

しかし、緊急避難的にオフィス北野の株式を
自己名義で譲り受けなければいけない状況があったにしても
なるべく早い時期にビートたけしなり、誰かに株式を譲渡すべきなのが筋だろうなとは思う。

ビートたけしを差し置いて、
過半数をはるかに上回る株式を長年保有し続けている時点で
乗っ取りと指摘されても申し開きは立たないだろう。

どこのチャンネル見ても、たけし、たけし、たけし、ビートたけしの番組ばかりで、
オフィス北野には相当なお金が流れ込んでいたと思われるが
それも(初期の)たけし軍団メンバーを養うためだとてっきり思い込んでいたら
違う人たちが養われていたっていうね・・・。


今回の騒動で部外者にはよくわからない点も多々あると思う。
稼ぎの中枢である肝心要のビートたけしが独立してしまい、
オフィス北野を去ったという今の状態は一体何なのかと。

敵対的な企業買収(M&A)の防衛策として
クラウン・ジュエル(crown jewel)と呼ばれる手段がある。

クラウンジュエルとは経営学用語の一つ。企業が敵対的買収の危機に置かれている場合に、その企業の保有している価値のある部門や財産を第三者に譲渡したり分社化することで、自社の魅力を低下させ、買収者の意欲を削ぐということ。この言葉は、王冠が狙われている場合に、その王冠に組み込まれている宝石を取り外すことで王冠の魅力を低下させ、王冠を狙われなくするということになぞられて用いられている。


ビートたけしが自ら退社し、新事務所を作ったのはこれと似ている。

別名”焦土作戦”とも呼ばれ、会社経営そのものを困難にしてしまう最終手段だが、
オフィス北野はこのまま焦土と化してしまうのだろうか?

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる