記憶に残る伊藤さんの話

伊藤さん?

・・・伊東さんだったかもしれない。

小学一年時の同級生だった子で
小麦色の肌に茶色がかった髪、クリックリの目をした南国風美少女。
僕の趣味ではなかったけど、CASIOのお気に入りだった。

伊藤さんの記憶を語る前提として、CASIOについて語らなければならない。

小学一年時のクラスは全体に悪童が多かったけど
中でもモンスター級の逸材が2人いた。
以前このブログに書いたけど一人がYASAKAであり
もう一人がCASIOだった。

前者が小学一年生の衣を被ったチンピラならば、
後者CASIOは小学一年生の衣を被ったスケベオヤジだ。

ブヨブヨした体型でいつもニタニタと笑っていて
全てがしまりのない風貌・・・僕はどうもCASIOが苦手だった。

そんなCASIOに帰国子女なんて聞こえの良い言葉を使いたくないんだが、
彼はインドネシアからの帰国子女だった。

熱帯の暑さであらゆるものを醸成しそうな南国で育ったCASIOには
日本の学校や日本人の女の子が珍しかったのかもしれない。
気分はインドネシアのまま、CASIOは南国で養われたエロパワーを教室内で存分に発揮した。
女子に対してスカートめくりに抱きつきにと、あらゆる痴漢行為をやりたい放題やってのけ、
女の子を見ればもう止まらない様子だった。

そんなCASIOの大好物が伊藤さんだった。
南国育ちのCASIOだから、南国風美少女が好みだったのかも。
CASIOのターゲットにされた伊藤さんは気の毒だったけど
持ち前の気の強さでCASIOに抵抗していた。

しかし抵抗すればするほど怪物CASIOの欲情を駆り立てたみたいで
それはある日、体育の授業ための着替えをしていた際の出来事。

伊藤さんも体操着とブルマー姿(当時)に着替え終えた時だった。
CASIOが伊藤さんの背後に近づいていたことに伊藤さんは気づいていなかった。


CASIO、何する気やろ?


そう思った次の瞬間、
CASIOが背後から伊藤さんのブルマーを一気に足元まで引き下ろした。
いや、ブルマーだけでなくパンツまで引き下ろして
伊藤さんが丸見えになってしまったのだ!

一瞬何が起こったのかわからなかった伊藤さんも
すぐに事態を把握してブルマーとパンツを引き上げ、
怒りと恥ずかしさが一体になった表情でCASIOを睨みつける様子が忘れられない。

さすがのCASIOも下着まで下げるつもりは無かったようで
ニタニタしながらもどこか引きつった笑みだった。

その後まもなく、伊藤さんはどこかに転校していった。
CASIOもどこかに転校していった。
伊藤さんを追いかけて行った・・・わけではないと思う。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる