逃がした魚

18~23日・・・a2-y0(単行本2)


今週は絶不調だった。
結構食いつきのよさそうな物も出品したんだけど。

給料前のせいだ、と思いたいところではあるが
いつもチェックさせていただいてるヤフオクの凄腕出品者は
相変わらず万単位の落札が続いている様子で
吹いてるところにはとてもよい風が吹いているようです。


ヤフオクが特に不振だから
徐々にかんたん取引に移行させていってるけど
これ一体どうなんだろう・・・

試しに一件落札してみたけど
特に不都合は無かった。

自分の出品ではかんたん取引による落札はまだ2件しかない。

この2人はまだ意識の高い、しっかりとした方々だろうから
大した問題も無く(一方はちょっと入金連絡が遅くて危ぶんだけど)
スムーズに取引終了まで進んだものの
かんたん取引利用者が増えるにつれて
当然ながらスカタンもたくさん入って来るし
そうなった時に色々と厄介な、ストレスを感じるトラブルも出て来るのでは。

かんたん取引で出品し続けるか
従来の形態で出し続けるか悩むところ。



マーケットプレイスのほうで
ある本について問い合わせがあった。

図書館の方で
「この本の何年発行でISBNコードが付いてるものを探してる」と。

買ってもらえると期待して
2日がかりで懇切丁寧に問い合わせに答え
しかも画像までアップしてあげる親切さ。

売り逃したくない。その一心で。
ネットで確認すると無駄に立派な図書館やし、結構な値段でも買ってくれるやろ

翌日になって先方からメールで
「クレジットカードでしか買えないんですか?使えないんですが。残念です・・・」

Amazonのシステム上、小口出品者はクレジットカード決済しか許されていないのだ。


図書館で本を公費購入する場合、クレカ無いん?
過去に他の図書館で何度か注文来たで
何か方法あるんちゃうか
おっさんもっとちゃんと調べや。若いもんに訊け、若いもんに



到底そんなこと伝えられるわけもなく
「ヤフオクでも出品してますんで!よろしゅう!」ぐらいの勢いで
未練がましく書いて送っといたけど
結局どちらの注文も落札も無かった。
Amazonですらわかってないのにヤフオクなんてなおさらやろな。


食い下がるように必死になって対応したのに・・・

悔し紛れに値段を上げといた。

江戸より続く・・・

27~3日・・・a4-y3(DVD1、単行本6)



加賀100万石と呼ばれるけど
前田家は加賀国以外にも能登・越中国を治め、総石高で120万石もあったという。
江戸時代、石高ベースではトップの大名家ということになる。

しかし、何故ここまで成り上がることが出来たのか、
石高に見合った、前田利家の功績となると少し首をかしげたくなる。
100万石に達するほどの大功感がない。

結局のところ
徳川家康への対抗として秀頼体制の擁護を託したい
秀吉の期待料として引き上げられた面が大きかったのでは。

利家の死後、
家康と並びうる実力者を欠いた豊臣政権は急速に崩壊に向かい、
関ヶ原の戦いへとなだれ込んでゆくが
仮に利家が生きていてもどこまで家康に対抗しえたものか・・・

代替わりした途端、前田家は赤子の手をひねるように家康に追い詰められ、
一戦交えるまでもなく、あっさり降伏してしまう。

その後は家領を守るために幕府の顔色を窺い続け
幕末においても全く活躍することなく明治を迎えてしまった。

しかしその徹底した保守志向のおかげで、
金沢の文化のみならず、能登にも前田藩時代の旧制が色濃く残ったのかもしれない。

その一つが十村役という制度。

十村制(とむらせい)は、江戸時代に加賀藩の第3代藩主前田利常が制定した農政制度で、地方の有力な農民を十村として懐柔し、いわば現場監督として利用することで、農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。

本来、徴税は武士階級である藩役人の仕事だが
能登・加賀・越中は一向一揆で前田氏と激しい戦闘を繰り広げた経緯から
反発を和らげるため、徴税を各地の旧領主、有力富農に任せることにしたのが始まりという。

十村とは十個の村を束ねるということだが
観光名所になっている喜多家などは200ヶ所もの村を治めていた。

西田幾多郎の実家のように失われたものもあるが
石川県の各地には、十村役を務めた大庄屋の立派な屋敷が残されており
多くが観光のために公開されている。

喜多
(※グーグルで十村役・喜多家)


母方の郷の近くにも、十村役を務めた大庄屋の邸宅があることを最近になってようやく知った。
母親から聞いた話は不得要領で断片的な昔話でしかなく
こっちも興味が無かったので適当に聞き流していたのだが
ネットで調べて明瞭に把握できたのだ。

江戸が終わって明治になっても
昭和に入っても
終戦を迎えても
その大庄屋は地域で権勢家であり続けたようだ。

戦後になっても小学校の遠足に御付きの人が付いてきていたとか。
子か幼稚園に上がる歳になると、近所に幼稚園を作らせたとか。

しかしさすがにここに来ていよいよ苦しくなったのか
どんどん土地を切り売りしているという。

邸宅の維持費が年間ン千万かかるそうで結構キツイそうだ。

捻出できるだけでも羨ましい話です。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる