交通違反反則金

29~4日・・・a0-y1(単行本1)


7000円。
郵便局にてしっかりと現金納付。


痛い・・・
実に痛い・・・


アホや・・・
アホすぎる・・・・


先日、遠くのBO某店まで行ったその帰り。

体の調子もよろしくなく、いち早く帰宅したかったので、
ついつい飛ばし気味に。

おまけに色々考え事をしていて、
すっかり忘れてたんですね。

そこがスピード違反検問ポイントだということを・・・


左斜め前方、路肩付近に、それはフッと目に飛び込んできた。
椅子に腰掛け、パラボラアンテナの向こうからこちらを凝視するおっちゃんの姿が。

おっちゃんと一瞬目が合う。
スローモーションのように・・・




出会いは  スローモーション  軽い眩暈  誘うほどに

出会いは  スローモーション  瞳の中  映る人




??えっ!?今の・・・まさか!?)

慌てて速度を落とし、メーターに目をやるとようやく時速45キロ・・・

(あ、やってもうた?ギリギリ見逃してくれたか?)

しかし残念ながら、遥か前方、合図したように水色の制服に身を包んだ3人の男たちの
路上へと身を乗り出さんとする姿が見えた。赤い旗を小脇に抱えて。


(そらアカンわ!ああ、やってもうた!!)


ハイ。停止を命じられ、いわゆる”サイン会場”へといざなわれる。


特に抗う様子も見せないせいか、彼らはとても低姿勢かつ親切だ。
ソフトドリンクでも出してくれそうな雰囲気。


彼是20分ほどで一連の手続きを終え、軟禁は解かれた。

開放されてホッとすると同時に、罪の意識と反則金の出費がズドンと一層重くのしかかる。


3年ほど前に駐車違反を取られことはあるけど、
法定速度違反となると7年ぶりだ。

最近このブログで、白バイを「白い悪魔」と揶揄したことと何か関連があるのかもしれない。



それにしても・・・

時速にしてあと3キロ落として走っていたら、彼らは見逃してくれただろう。

もう一本、隣の筋を走っていたら、速度取締りに出遭うこともなかっただろう。

あと20分遅れて通りかかっていたら、彼らは昼食を取りに引き上げてその姿はなかっただろう。



様々に悔悟の念が押し寄せて止まない。

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる