鬼門

18日~22日・・・a3-y2(DVD1、単行本5、新書1)


あるヤフオク落札者から「良い」の評価を戴きました。
マケプレと違って他に影響を及ぼす度合いは低いけれど、気分悪いですね。

何が気に入らなかったのでしょうか?

落札価格、1,500円。
わざわざ即決で落としてくださってますが。

入金確認後の発送予定日から1日遅れて発送したことでしょうか。
こちら負担でメール便速達にして発送し、翌日には無事着いてます。

この落札者の他への評価コメント読んでみますと
どうも梱包にも”問題”があったのかもしれません。

クリスタルパックと厚紙封筒。
1枚50円近くする厚紙封筒、十分だと思いますけど。

何が減点なのか、これら全てなのかよくわかりません。


ググってみるとナントカの家元のようです。
それより重要なのは、その方が福井県在住という点です。

ヤフオクではいまだ「どちらでもない」以下の評価を頂戴したことはないのですが
今回含めて「良い」評価をくださったことが4件ほどあります。
そのうち2件が新潟県在住で、今回が福井県在住です。

・・・やっぱり北陸か

母方の故郷が石川県で、幼い頃は毎年夏に連れて行ってもらったものです。
母親の実家はわりとしっかりした家でした。

農家ですけど、家の前にはちょっとした堀があって、広い敷地内には蔵もあります。
築100年は経ってそうなボロい、しかし大きく広い家が、狭い”ウサギ小屋”で育った自分には
ただただ嬉しく感じたものです。

海水浴、優しい祖父母、大きな家屋敷、その地域では通用するネーム・バリュー。
とにかく全てが良い方向へのカルチャー・ショック、心地よい時間でした。

しかし、当時既に気になることも・・・。
祖母にあたる方は、私のことを「坊や」と呼び続けて、名前で呼ばれることが一度もなかった。

さらに従兄弟、とりわけ長男の子供たちとの扱いがどこか違うんですよね。
向こうはほぼ毎日のように接しているわけですから、年に一度来る客人と違うのは当然ですが。

やがて長じるにつれて、祖母のみならず土地の人々の、母親は受け入れるものの
どことなく自分をヨソ者扱いする、警戒されるような雰囲気を感じるようになりました。

そして小学校高学年以降は葬式ぐらいでしか訪れたことはないのですが
その閉鎖的な雰囲気や封建的な土地柄、相続に絡む事情を知るにつれて、
ただただ嫌な土地だな、という印象だけが残ってしまいました。

一時期、横溝正史の作品に魅かれたのもそこら辺りに理由があったように思われます。
(「あーわかるわかる」みたいな)




過疎ブログで、クリスマス前に炎上なんてしたらアレなんでこれ以上書きませんが、
私にとって北陸地方はとにかく鬼門のようです。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる