クロネコメール便の運用厳格化?

20日~22日・・・a2-y0(DVD2)


クラッシュから3日が経ち精神的ショックも幾分和らぎ、早くも攻めの走りを取り戻しつつあります。
車線変更に少々恐れを感じますけど。


ヤマト運輸がクロネコメール便の取扱基準を厳格化するようになった、
そんな話をネット上で見かけました。

マケプレで文庫中心に毎日10点ほどヤマト営業所に持ち込んでいた頃は、
全品80円にマケてもらったり、2cm超過でも荷受してもらったことがあります。

集荷の場合はさらにユルユルだったことは、
セドリをやっていれば衆知の事実かもしれません。
一度も集荷を依頼したことがないので、そのユルユルっぷりを経験したわけじゃないですけどね。

最近はヤマト営業所に持ち込まなければならぬほど一日の発送量がないものですから、
発送はコンビニか郵便局で済んでしまいます。
故に、メール便取扱を実際に厳しくしたのか実感できません。

と言いますかね、コンビニから発送すればわかりますけど、
コンビニさんは以前からメール便の取扱基準が厳しかったですからね。

2cm(メール便定規)オーバーの発送を見逃してくれる店舗はまずありませんし、
マニュアル通りに電話番号の記載まで要求してくる店舗もあります(新規店あるいはセブンに多い)。

手数料の高いマケプレ中心に毎日数点以上発送してますと、
どうしても送料を浮かせたくなるものですから、「コンビニ使えねぇ」と感じてしまうのは道理でしょう。

ヤフオクに慣れてきますと、送料は別枠で落札者に負担してもらう感覚が強まりますから、
送料浮かそうだとか是が非でもメール便で、と躍起にならなくなります(少なくとも私はそうでした)。

というわけで
ヤフオクとコンビニさんに規律訓練された私にとって、クロネコメール便の運用厳格化は
「当り前の話だろ?」と多少余裕だったりするわけです。

どこまで事実なのかわかりません。
配達コスト、クレームの多さ、逸失利益など考えると、決して野放しにできる状態ではないと
ヤマト本社が判断したのかもしれません。

行政指導でもあったのかなと報道発表資料の見出しだけザッと見てみましたが、
ちょっとわかりませんな。


現状のコンビニでの取り扱い程度で済むなら、何ら私には影響なさそうです。


ちょっと気になることはあるのですが、それは次回の講釈で・・・


次回と言いますか、将来的に懸念される事態が生じた時に・・・

クラッシュ

15日~19日・・・a2-y5(単行本5、DVD4、新書3)


ついにやってしまいました。
原付でクラッシュ。

朝から体調がよろしくなく、オツムの働きもよくないとの感じはありました。

そんな時に限って、前をチンタラと走るバイクが。
スロー走行を心掛ける私から見ても、全ての動作がワンテンポ遅れてます。

大きな通りで上手くかわすタイミングもないまま、多少イラつきを感じながら、追走する状況に。

大きな交差点のかなり手前、トラックの後に停止。
前のバイクも右の車線に変更し、前に出ようと後方を窺う。

こっちもそれに続こうと。
しかしやはり前のバイク、ワンテンポ遅い。

この時点で完全に平常心を失っておりました。

行くなら早く行ってくれよ。

お、やっと行ってくれた。
よし、今だ。行け!

いやいや車来てますよ?

このタイミングで右車線に出てしまっては、
前のトラックと隣の車線後方から来る乗用車の間に挟まれて、すりおろしリンゴですね。

待て、駄目だ!

慌ててハンドルを左にきって、ブレーキかけたんですけどね。遅かったですね。

いきました。グシャッと。トラックに。

状況的にそんなにスピードが出ていたわけでもなかったのですが、
色んなモノがパッと派手に飛び散りました。F1レースのクラッシュ・シーンのように。

原付乗って約6年、ミラーを壁だとかボディー側面を縁石で擦る程度のみで、
転倒したり車や人にぶつけたりしたことがないものですから、すっかり気が動顚してしまいました。

確認すると、トラックのバンパーだか何かの端に当たって、フロントカウルの
縁が10cm大程度2箇所に渡って割れており、バンパーのほうは鉄製?なので
原付の塗料が少々付いた程度。

二言三言、友好的に話してトラックは行ってしまいましたが、
”加害者”たるこっちは気分が落ち着かないまま、歩道上で破損状況と動作を確認。

カウルが割れただけで制動には問題ないようなので、再び走行開始。

様々な破片が飛び出した(ように見えた)時は、ぶっ壊れたか!?と焦りましたが、
単にカウルの塗装片が剥れて、パッと紙吹雪のごとく割れ散っただけでした。

塗装片が粉々に飛び散ってしまうような状態。

そうです。
この原付、中国生産第一号で、塗装不良のためパーツ無償交換が受けられるのです。

1年前に、タイヤ交換のためにバイク・ショップに寄ったところ、そこでパーツ無償交換
の話を教えていただきパーツを取り寄せてもらっていたのですが、
その時は都合が悪かったものですからつい放置していた次第です。
(作業に2時間かかると言われたもので)

破損したカウルを晒しながら、半泣き状態でそのバイク・ショップに無事辿り着きました。


取り寄せて放置したまま1年以上、まだパーツは保管されていました。
ありがたかったですね、バイク屋さんの寛大な措置。

ズボラのおかげで?結果的にタダで修繕されたカタチになったのが、不幸中の幸いでした。

長々と書くほどオオゴトでもなかったかもしれませんが、
つくづく運転は平常心を保つのが大切。そう思いました。

悔しい瞬間(とき)

13日~14日・・・a1-y2(単行本3)


少し前に「ホームラン予告」していた某DVDですが、
さきほどチェックしたところ、売れました。

他の出品者のモノが売れてました。

2人しか出品者が居なかったところに、”第三の男”(※性別はわかりません)が現れて、
マイナス2000円で最安ポジションを奪われたのは、2日前だったでしょうか。

こちらも同値に追随。

評価はムコウが98%で上。
状態は同じ「良い」。コメントも大差ないが、ムコウは「ヤマトメール便配送」と書いてあったので、
勝てると踏んでいたのですが、まさかの敗北でした。
やはり評価でしょうか?(知らぬ間に値を下げた可能性もありますが)

実に悔しいです。
不漁続きの中、逃した魚が大きかったものですから。

これぐらいパッと出捐できる需要者が日本国にはまだ他にもいらっしゃるに違いない。
そう信じて待つしかありません。ちょっと値を上げて。




相変わらず原付スクーターのエンジン音がおかしいままです。
とても不快でストレスフル。

そこで直感的にヒラメキました。
「もしかして、雨の中を走れば良くなるかも?」

前回の記事で、昭和30年代の人間がモノをゆすったり叩いたりすれば故障が直ると思い込んでる、
みたいなことを書いておきながら、なんですけど。

エンジンの仕組みについては無知ですが、
だからといって決して全くの根拠なきオカルト的トンデモ思考ではなく
以前同じようにエンジン音がおかしくなった時に雨中を走った後みちがえるほど
改善した経験があり、それを思い出したからなのです。

そうか、雨か。その手があったか。

朝、南方を見るとドンヨリとした黒い雨雲が垂れ込めています。
アッチ方面に向かえば、間違いなくドシャ降りじゃなかろうか。

しかし、たとえレイン・コートがあったにせよ、朝イチからズブ濡れになるのは勘弁。
ということで結局、キレイに晴れ渡った北へと向かいました。

天気予報では、当面雨降りには恵まれないようです。
ここは一つ、雨乞いでも必要でしょうか。

痰の絡まったような、しわがれたような、ダミ声ではなく
あの滑らかなスクーター音が蘇ってほしいものです。

エンジンから異音

9日~12日・・・a1-y0(文庫1)


ヤバいほど注文・落札ともにありませんでした。

「どないなっとるんや!」
モニターをゆさぶってみましたが、それで注文が降ってくるワケもなく・・・
もちろん昭和30年代の人間でもないので、そんなことしませんけど。

BO仕入もあまりやってないので当然ですけど、上旬が調子良かっただけにピタッと止まると辛いです。


売れない→フトコロ具合が寂しい→ケチらざるを得ない


極めて自然的人間的なる論理展開により、ケチケチして原付のオイル交換を先延ばししていたら、
エンジンが異音を発するようになってしまいました。

慌ててそこいらのスタンドに飛び込んだところ、オイル交換工賃800円だと?
オイル自体は900円と安かったものの、バイク屋で交換してもらうのと変らない金額になってしまった。
そのまま乗り続けると「まじヤバいっすこれ」とわかるほどの異音でしたから、仕方ないです。

問題は、オイル交換後も異音が続いてしまっているという点ですね。
こりゃエンジンやっちまったかもしれない・・・。



4stスクーターはこまめにオイル交換しましょう。身のためです。

せどり神は祟り神

6日~8日・・・a2-y3(単行本2、DVD2、文庫2)


7日は注文・落札ナシ。
昨日8日も文庫2冊のやっすい落札のみでしたが、夜になって3000円のDVD1本落札。
危機は乗り越えたかと思いましたが、本日も今のところ注文・落札ナシ。

これは・・・祟られてますね・・・。
間違いなく、せどり神の仕業と見てよいでしょう。

「もう一本、ホームランが出そうだ」なんて書くから。
(※もちろんホームランは出てません)



ヤフオクが今ひとつ振るいません。

祟り神の影響もさることながら、そもそも出品数が50きってますから。
そりゃ再出品ナシだとこの時期、ことごとく出品終了しちゃうでしょ。

最も落札が多いと感じる月中旬に向けて、火曜日から出品無料キャンペーンですが
相変わらず再出品0回設定・・・これではモチベーションも上がりません。

上旬はマケプレが息を吹き返してくれて、個人的にわりと好調だったものですから、
尚更ヤフオクへの出品は気乗りしない。

というわけで、600円前後で空回りし続ける在庫の処分を続けます。
セコイ思考は、祟り神ともどもバッサリと切り捨てて、おさらばしたいものです。




コンビニ受取商品がコンビニの廃業によって受け取れなかったトラブルですが、
結局キャンセル・返金となりました。

新たに指定された配送先に梱包し直して再出荷というプロセスは、
大量画一的に捌いてゆく倉庫システムには当然ながら取りえないのでしょう。

でも、結果的にキャンセルしてくれて助かりました。
よくよく商品を調べてみると、仕入ないほうが正解だったようなので。

返品された商品は、無事に再出品されています。
一旦跳ね上がったランクも、修正されることはないようです。

これまた当然ですけど。





事件です

28日~1日・・・a1-y0(DVD1)


嫌な予感はありましたけど、
この4日間ヤフオクの落札はゼロ、マケプレ1点のみ。

9月中旬以降からセドリ戦意喪失気味で、特に目新しい出品も無かったので、
当然といえば当然ですが、あまりにも酷い惨状でした。

マケプレ注文のDVDが8000円の痛烈な三塁打だったので
気分的にそれほど凹んでませんけど。

このDVDはマケプレ仕入の中古品でした。
ドラマのシリーズモノで、定価が元々高い。
そこに、ある業者さんが送料込み900円程度で何本か出していたので、
レンタルアップ品の懸念もありましたが、とりあえず数巻注文したものです。
いくらマケプレ仕入で彼是調べた上とはいえ、本当に捌けるものかどうか多少半信半疑でした。
滞在2週間程度で幸先よく、まずは1本捌けてくれました。

「やはりこれはイケる」
自信が持てたので、残りは速やかに値上げしておいた。

※注
やはり値上げはあまりしないほうがいいです。
先日のホームランDVDの購入者から迅速・丁寧・状態良しとメールまで頂戴したにも関わらず、
評価は「4」止まりでしたから・・・。




ブックオフで70万円強奪 女性店長が打撲

実は今日、同店にお邪魔しようかと思っていましたが、
最初の交差点で迷った挙句、右折して隣県の別店舗に向かった次第です。

まさかこんな事件が起きていたとは・・・。

危うく、初めての職務質問なんかされちゃったりするところでした。

「おたく、職業なに?」
「え・・ムショ、いえ。セド、いや。えー、あー・・・」

最悪こんな展開になりかねない。(以前にも一度書いた、そんな既視感が)


軽傷で済んで何よりです。

店舗によっては女性店員ばかりのシフトの日もあるようです。
色々と事情はあるでしょうけど、犯罪を誘発する危険性もあるかもしれません。


で、今日は隣県の某店に向かいましたが、
買取・仕入とも散々でした。

今回は身分証提示義務化以降、初めて買取をお願いしたのですが、
ホント散々でした。

どうせ身分証提示するなら・・・ということでDVDの買取もお願いしましたが、
買値10円をつけられてしまい、ツクヅク散々でした。

他にも色々買い叩かれた、そんな気がして何とか取り返さんと数冊買ってみましたが、
どれもこれも見事なまでのハズレ。凡打の山を築くばかり。

おまけに、セール値250円で買った文庫本は、値札シールの下に破損箇所が隠蔽されてました。
おまえらは地検特捜部か!って。時事ネタに乗っかってみました。



未だにこんな阿漕なことやってる店舗、そうはないと思います。



プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる