6月が終わり・・・

6月27日・・・a0-y0
6月28日・・・a1-y0(DVD1)
6月29日・・・a0-y3(単1、文新7)


前回の記事で、「携帯とヤル気さえあれば月30万ぐらい売り上げるのは簡単じゃないの?」
って書いたことでせどり神にでも祟られたのだろうか、すっかり売行きは停滞中だ。

発送する荷物が無ければ、ラクはラクでいいんですよ。

雰囲気的に決して良いとは言えないヤマト営業所だとか、メール便を出すと鬱陶しそうに
対応してくれるコンビニの店員だとか、朝の初っ端からこっちも気分害されずに済むし。
10分近く貴重な時間を奪われることなく、マクドナルドで慣らし勉強できるし。

でもこんな時に限って、梅雨なんだよ。

雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ


・・・そうは言っても、原付だと雨や雪はマジで危険ですからね。

マイコーせどれず

6月26日・・・a2-y0(文庫3)

給料日はあらかた過ぎたハズなのに、反応が悪い。



ということで今日は帰り際に、マイコー関連商品を求めてBO2店舗に寄る。
CDせどる気は無い、とか書いておきながら、真っ先にCDを探してしまう。

それにしてもCDって見難い。
見慣れてないせいもあるけど、「背」が細いし、字が小さいし、おまけにアルファベットだし、もう最悪だ。

やっとマイコーのネーム・プレート見つけた!と思ったら、
当然ながら空っぽなのね。
もう一方の店舗でも、やっぱりマイコーのCDもDVDもスッカラカンで、見当たらず。
ジャネット・ジャクソンならあったけど、これじゃあなあ・・・。

マイコーは取れなくて残念無念って感じだけど、そう落ち込まなかったのは、
マケプレ相場6000円前後の有名回転本と、同じく9000円前後のDVDが取れたから。

前者は1000円、後者は20%OFFの3000円。
4000円もの出費はちょっと痛いですが。

最近、ウチとしてはやや高額な部類との遭遇機会に恵まれている。
2万とか3万といった価格帯のモノは私の知識ではかすりもせず手に負えないが、
5000円~10000円ぐらいがチョロチョロ拾える。

私の知ってるモノ、せどれるモノは、店舗全体からすれば極々一部に過ぎない
にも関わらず、これだけ拾えるということは、全ジャンル展開・携帯使用で本人の
ヤル気と根気さえあれば、月30万ぐらい売ることは案外容易なのかな、と思ったりする。

マイコー死す

6月25日・・・a1-y3(DVD1、文庫新書13)

マイコーことマイケル・ジャクソン氏がお亡くなりになったそうで。

海の向うの話だし、世界的スーパースターということで、先日の
プロレスラー三沢氏の死亡ニュース以上に、ピンと来ない。

どのくらいピンと来なかったかと言うと、マケプレで他の出品者からセドろうと
いう頭が働かなかったぐらい。

昨晩、「水曜どうでしょう」の激闘!西表島を見ながら、体内に久々にアルコールを
入れてしまったが故に、午前中はいつも以上に頭が鈍かったのも原因だ。

どのくらい頭が鈍かったかと言うと、マイコーの搬送先がUCLAのメディカル・センターと
聞いて「ああ、故サイードと宇多田とサッチーで有名なアソコね・・・」と素で勘違いしたぐらい。

マイコーならCDが主だろうし、CDせどりをやるつもりは無いので、別に構わないけど。

でも先程チェックしたら、DVDも結構ありますな。
明日はBOで一応チェックだけしようか。

三沢さんもそうだったが、マイコーにも特に思い入れが無いんです。
どうしても”キワモノ”っぽい目でしか見て来れなかったので。

最近になってようやく「スリラー」を見て、この時代にコレは凄かったかも・・・と思える
ようになった次第で(そういう意味ではMCハマーも同評価です)、それでもやはり”キワモノ”
を見る目線はどうしようもないです。


法的に問題はあるだろうけど、またやっちゃいます。

イイもの拾いました

6月24日・・・a1-y0(新書1)

早くもナス効果終了?
売れてない。

でもあまり凹んでません。
6月が好セールスだったのと、さすがにそろそろ勉強のほうに集中が向いてきたから。
でも少し増えた在庫を捨てるなり焼くなりBOに持ち込むなり、どげんかせんと。


図書館の帰りに、何も期待せずに1店舗だけ寄ったんですけど、
そこでオイシイものが拾えた。

有名な法学者の本で、105円→3000円前後かと思って購入したところ、
帰宅後出品してビックリしました。
最低ランクでもウン千円、福沢超えが期待できる相場に・・・。

私が学生だった頃にも買わされたし、一昔前?の多くの司法受験生たちにも随分
”愛読”された基本書だったが、もう改訂されてなかったのか。

”西の横綱”的存在で信奉者も多かったが、ロースクール制度の旗振り役に祭り上げられて以降、
旧試験受験生の一部からは蛇蝎の如く嫌われ、記述スタイルも古めかしく、とても20代前半のロースクール生に親しまれる著作ではなくなってしまい、学界内はともかく、その外では評判を落としてしまったという印象がある。

まぁとにかくだな、売れてくれさえすればいい。



作戦成功

6月18日・・・a1-y1(単8、文庫4)
6月19日・・・a2-y2(単3、文新4)

5月に実施した「函モノ大作戦」3つのうち、2つ目が落札される(840→5000)。
最も期待薄の商品だっただけに、かなり嬉しい。

全部で3つ出して、残るは”大本命”の12冊10000円出品。
ウォッチは4人ついている。
値を下げれば恐らく落札されると思われるが、他の2つが予想以上に早く
落札に至ったので、値は下げず、当分このままホールドし続けることに。





先頃、某店舗を訪れた所、普段の平日午前とは違い、多くの店員がわせしなく棚入れをし、
いつも以上に「いらっしゃませー」と声を出していた。

何だろうと思っていたら、店員の一人が「お疲れ様ですッ!」と50代のスーツ姿のおっちゃん
に挨拶をしている。

ここはFC店で、どうやらそこの社長か役員クラスの人間が視察に来ていた模様。
どこでもある光景だが、あまりに普段の態度と違いすぎて、笑うしかない。

途中でホームセンターに寄ってクリスタルパックを購入し、数キロ離れた店舗へ移動。

するとここも何か違う・・・店長とおぼしき人間がいつもの5割増し張り切ってる。
で、店内を”物色”していたら、先程のFC店で見たスーツのおっちゃんと再会し、一瞬目が合う。

やはりここは同一系列のFCだった。

携帯こそ用いてないが両店舗で10冊程度の本を抱えたちょっと怪しげな人間、
せどりと見抜かれただろうか?

見抜く程度ではあって欲しいものだ。

アレが拾えた

6月15日・・・a1-y2(単2、文庫2)

昨日はもうダメかと思っていたら、夜になって売れてくれた。
でもマケプレのほうで売れたのは、自分の所持品だったモノだから、やっぱりダメだ。

今日は仕入のほうがツイてた。
やっとアレ(文庫本)を拾えた。

一部書込みがあったものの、頑張って消したからほとんどわかるまい。

で、出品したところ、本当に速攻で購入された(105→3000)。
もう1点ぐらい見つけたいものだ。

久々の満足感を得たせいか、調子にノッて、書士の商業登記演習の講座DVD(新品)を
落札してしまい、結局のところ本日も差し引きマイナス(しかも圧倒的な)に終るのでした。

ヤフオク無料出品キャンペーン実施中

6月10日・・・a0-y2(単2、文2)

ということで今日は午後から撮影に、出品に励み、何とか出品数240点に達した。

懸念していたとおり、以前に出品終了していたブツのメールの多数が失われている。

ヤフーのメールは不要メールを削除する際に、”FROM”とあるチェックボックスにもチェックを
入れてしまいがちで(削除ボタンのすぐ真下にある)、そうすると削除チェックを入れなかった
メールまで一斉に削除してくれる。
ここで消されると、outlookのほうにもメールが残らない。
完全犯罪が成立するわけ。

こうやって気づかないうちに削除した(された)出品データが多数あって、これをイチから
また出品するのか・・・と思うと気が滅入るので、ほとんど新規のモノばかり出品した。

ネットの海の藻屑と消えた過去の出品物の中にも、どなたかに所望されていたモノも
あったと思うが、落札できる時に落札してくれないから。
別に焦らしてるワケじゃない、単にデータが滅失しただけ。

ヤフオクでは評価がやっと100を超えた。
評価数が増えれば増えるほど、落札も増えるだろう、多分。




先頃、某新古書店で見た木函入りの浮世絵。
もう一度、店舗に行ってちゃんと中を確認してみたんだけど、見てビックリ。
まごうかたなき春画

北斎とか書いてあるから、てっきり普通の浮世絵だと思っていたら・・・。

まぁこれで絞り込みやすくなったので、自宅で検索したところ、春画の販売を
やっている某ネットショップの商品一覧の中に、おそらく該当する商品を見つけた。

価格は5000円。
やはり製作元等は一切不明、怪しすぎる。

2000円仕入だと値幅が取れないし、これまでエロ関係は一切扱って来なかったので、
止めとこうかと思うが、エロ関係と言っても春画(浮世絵)は立派な芸術品だし、古書
買取をやる本業でもないとそうそう手に入るものではないので、扱ってみたい気もするな。

値札の貼り替えは犯罪である

6月1日・・・a2,y4(単1、DVD1、文11)
6月2日・・・a1,y0(文庫1)

1日はよく売れたが、その後は沈黙気味。

久しぶりにamazonがイイ仕事してくれているな、と思ったら早速、
購入者から「至急」と銘打ったメールを頂戴した。嫌な予感です。

「4日に配送とあったので注文した、キャンセルもできない・・・5日に間に合うように届け・・・」

ヤバそうな注文者だ。
名前から、以前にも購入してくれたことがあったような・・。

注文された物は、300円程度の文庫1冊。
速達にすればギリギリ5日には投函されそうな気もするが、注文物の
厚さも1cmではないし、今ではプロマ契約もしていない、しかも30日-90日評価が
激ワルで月の入金が2万にも達しない現状では、速達にして送って差しあげますよなんて
気にもならない。

amazonの出荷表示についてご注意申し上げたうえで、「キャンセル」文言をとらえて、
やや強引に、購入者都合によるキャンセルの方へと誘導。
おそらく事なきを得たのではないかな。

注文品は上・中・下の3巻モノで、少なくともうち2冊は別の購入者に注文したらしい。
送料込みの合計額を考えたら、最初から普通に書店で新刊購入しなさいって。




今日、BO某店舗へ行くと、
「値札貼り替えを見つけた場合はうんたらかんたら・・・」
との警告文が張り出してあった。

ひょっとしてそれでココの店員たちの私を見る目がどことなく厳しいのか?
などと少し被害妄想を抱く。

値札貼り替えまでできる、あるいはやってしまうのは、明らかに特定の
せどりによる「犯罪」と見て間違いないだろう。

「ついにここまで来たか(あるいは来ていたか)・・・」
というのが実感だ。

DNPらによるBO株取得、マケプレ・ヤフオクによる古本流通の繁盛、せどり紹介本やメディア
へのせどりの露出などによる(ニワカであれ)せどり人口の増加等、どう考えても
BOも今度こそ本腰入れて、せどり対策に乗り出さざるを得ないのではないか?

売上、利益にせどりが貢献しているとまで言える店舗は、割合としては少ないのではないか
というのが私の印象なので、FC店を中心にせどり対策要望の声が強ければ、
FC比率の高いBOはそれを無視できないし、今度から「大株主」という、上からの
要求も新たに加わるであろうから(大株主の要求は「せどり」自体をターゲットと
したものではないにせよ)。

簡単に思いつく、今後BOが採ると予想される施策は

①新刊の販売期間制限・自粛
②105円棚の廃止・値上げ
③携帯の使用禁止

①は主に「大株主」サイドの要求。
現場のBO店員の作業は煩雑化するだろうが。
だが、これは買取や販売面で現実的と言えるか、ちょっと想像がつかない。

②は地域によっては既に行われ、その時は失敗したらしいが、古本105円という価格は
すっかり消費者には認知されているので、単店での実行は難しかっただろう。
しかしBO全店一斉での実行は十分あり得る。
「全ては105円という価格が悪い」という理屈は、十分生きているから。
安すぎる価格設定によってせどりに奪われる利益をBOに留保させ、それを著作権者(
出版社)へ還元させれば、BOの経営にも大株主にも資すると。
(弱小)ライバル業者たちも、”渡りに舟”とばかりに、プライスリーダーには追随するだろう。

つくづくBOは、企業の発展モデルをその短い歴史に凝縮化させた存在だ。

ワンマン創業者の感性による非合理的経営により躍進し、不明朗会計により投資会社
の管理下に入り、創業者を追放したことで「経営と所有の分離」がもたらされ合理的経営段階へと
移行し、そして現在、自企業の利益を図るだけでなく、「社会的貢献」を迫られる段階に
入っている・・・やや無理矢理ではあるが、そう言える。


③は最も簡単に実施できる。
物理的な装置まで導入せずとも、とりあえずは貼り紙と店員による注意で可能だから。
これはせどりを被害と捉えるFC店あたりからの要望となるだろうが、携帯撮影による
著作権侵害の防止という建前を持ち出せば、「大株主」サイドの要望にも合致しうる。

携帯のない私としては、③は是非実行してほしい気もするが、そうすると
棚の鮮度回復が悪くなる気もするので、結局は弊害かもしれない。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる