更新する気が失せる

7月29日・・・1点(文)
7月30日・・・1点(文)

そして今日も2点。
何だよ、この有様は・・・。

こんな仕打ちに遭うとは予想だにしていなかった。
連休がやけに好調だったし、中盤の凪も無難に乗り切ったし、大物DVDは捌けてくれたしで、
今月は相当期待したんですけどね・・・末にこんな躓きがあるとは思ってもみなかった。

終わってみれば155点しか売ってない。
180点は行くと踏んでいただけに、期待ハズレも期待ハズレ。

敗因はヤフオクかとも思うけど、直近にまた評価「3」喰らって1ヶ月が95%に落ちたことか。


3(5が最高): 「ありがとうございました」


気のせいかな?無性にどつきたくなってきます。


今月は途中まで発送する荷物が幾分多かったし、かなり徒労感だけが残った印象で、
正直もう止めてしまいたい気分にもなっている。

でも午後の2時間程度ブックオフツアーで潰せちゃうし、
他に稼ぎ口があるわけでもないので続けるしかないのだが・・・。

来月はヤフオクのほうにもう少し力入れないといけないかな。
今月は失意の中で終えそうだ。

やや足踏み状態

7月26日・・・3点(単1、文2)
7月27日・・・3点(文)
7月28日・・・5点(単1、文4)


給料効果が!と思っていたら、その後今一つ売れてない。
地震?豪雨?やっぱヤフオクの影響か?

今月はかなり期待できる売上と踏んでいただけに、ココに来ての失速は痛い。

やはり凪に入った模様

7月16日・・・2点(文庫)


昨日は文庫2点しか売れなかった・・・。
実は今日も(現時点で)2点しか売れておらず、もう間違いなく給料前の凪状態に突入。

巨大なガレー船ならば凪であろうが前進できるだろうけど、
私のようなちっぽけなヨットでは全く進めない。

しかし売れない状態でも、今週は例のDVDが売れてくれたおかげで、
自分的にはあまり悲壮感が無い。

おまけに最近は何処からともなくやる気が戻ってきて、勉強もせどりも走るほうも結構順調だ。

今日はもう売れないだろうし、梱包作業も無いだろうから、講義のDVD一本見て寝よう。


4番のバットが火を噴いた朝

4月13日・・・2点(文庫)

完全なる沈黙はナントカ回避した今朝、メール見てビックリ。

なんとあの文字通り不動の4番、某DVDトリロジーBOXが売れているではないか。

やはりナスの力は恐ろしい、人を狂わせるね。
はっきり言って羨ましいよ。

購入価格12000円也。
仕入が6000円だからそうそうホームランだと馬鹿騒ぎはできないけど。

今日は朝から気分よくして図書館で勉強を終えた後、昼からBO巡回へ。
最近すっかりスルーしていたDVD棚を久々に覗いてみたら、また1万円以上を狙えそうな
コレクターズものを発見!
価格は3000円チョイだが、気分は上々だし、ナスによる上げ潮、財布ユルユルのこの時機
を逃してはいけないということで躊躇なく購入。

今日は気分はノリノリ、アンテナの感度も良好のようで、他も仕入は好調だった。

残念なのは最近やけに動いている日航機墜落関連の文庫が拾えなかったことかな。


サンデーサイレンス

7月11日(金)・・・1(単)
7月12日(土)・・・8点(ムック1、文新7)

危うく沈黙の金曜日になってしまうところを回避した。
土曜はまとめ買いなしで点数は出たので、それはそれで喜ばしい。
結局入金は4万5000円止まりだったけど。

今日はまだ1冊も売れてない。Sunday silenceです。
ランク200番台の文庫も数点あるのに、今ひとつ反応が悪い。
以前ならば投入後数時間で売れたはずが、2,3日経っても売れない。
購入側に原因があるのか、評価その他、私の側に原因があるのか。

ヒマなのでゴミに出す本、ブックオフに売る本の選別をする。
少しスッキリしたような、全く減ってないような・・・。

収納ケースをとりあえず1個購入(約1000円)して来たけど、あと数個必要だ。
でも売行きが芳しくないので、無駄に費用をかけることには躊躇してしまう。

満州の話

7月8日(火)・・・5点(単3、文2)


売上が順調に落ちてきた感じだ。
あと3日で入金だけど、7月初頭は順調なペースだったので、
5万、ひょっとして6万!?なんて夢を抱いたこともあったけど儚いもんですよ。
このペースだと、頑張って5万に届くかどうか。

このところ、頭を占めている第一が、登記法じゃなくて満州のことだ。
書士の勉強やらなくちゃと思いつつ、ついつい張作霖爆殺やら初代満鉄総裁やらエキシやら
フサしか残ってない連隊旗やら、そういった事柄ばかりが頭の中を駆け巡っている。

中学時代に吉川英治、高校時代には司馬遼太郎を読み漁ったぐらいなので、普通の人よりは
歴史好きなほうだと思うけど、日中・太平洋戦争前後の辺りって意識的に避けて来たんですよ。
何か暗いし、重いし、関東軍だし、受験にもあまり出ない分野だったし。

それでいて(それだからこそ?)引っかかるモノはあり続けていたのに、箱は開けないまま
放置し続けてきたわけですけど、いざ読んでみるとこれがなかなか奥深いし、面白い。

読書一般に言えることだけど、かつて大雑把かつデタラメに詰め込んだ知識の、しっかり修正されてゆく過程が久しぶりに心地よい。

旅順・大連という地名には、自分としては暗いイメージが付きまとっていたけど、ホントに
当時多くの日本人にとってはフロンティアであり、夢だったようだ。
ただし、それは満鉄や関東軍によって極めて意図的に作られ、用意されたものであり、
それには漱石先生すらも利用されていたわけだが。

折角そんな満州気分にイイ感じに浸っていたのに、盥をひっくり返したような豪雨に曝されて、
またズブ濡れになった。
おかげで今日は古本市場一軒しか見れなかったっすよ。

事故か?

7月7日(月)・・・6点(単2、文4)


今日は2件も問合せメールが来た。
1件は出品商品に関する問合せ、もう1件が6月18日(!)に注文した
商品の未着の連絡が・・・。

6月から発送通知に問合せ番号を記載していないので
こちらに問い合わせて来るのは当然だが、とにかく遅いなぁ。

で、こっちで控えから番号調べてヤマトのサイトで検索すると、確かに発送先管轄の
宅急便センターで投函完了になっている。
ググったところ発送先はどうやら複数の企業・団体の入ったビルの模様。

とりあえず、問合せ番号や当該配送センターを連絡して、ビル内で誤配されてないか
もう少しそっちで調べてほしい、それでも出てこないようなら同じ商品を再送すると連絡。

メール便の配達先安全度って、①企業②一戸建て③マンションの順だと、勝手ながら
そう認識していただけに、約1000件発送して初めての事故らしい事故が①企業宛てで
起きたことに、軽い衝撃を受けている。

日数が経ちすぎて望み薄ですが、無事出てきて欲しいです。

月曜日は最悪だとみんなは言うけれど

7月6日(日)・・・3点(単1、文2)


期待をヨソに、昨晩は完全黙秘が続いた。

今日も日焼け痕が痛いけど、朝から図書館、昼からせどりツアーへ。

1店目は繁華街のBO直営店。
図体のワリには結構枯れている・・・というか、せどらーの競争も激しいので繁華街の店舗って死んでるものか?

それでも多少無理して5点購入。
鮮度は無いがアスリート向けメントレ本のよさげなヤツ。

次は少し南下してそこそこ良いモノが取れる店舗へ移動。
こちらでは10冊ほど購入、内容はまぁまぁ。
最近集中して探している、ある作家の絶版モノが1点。
これで在庫3冊になったけど、まだ売れていないのでどうとも言えない。

最後はさらに南下して、基本は枯れてるがタイミング次第で結構当たる店舗へ。
ここでは以前、あの悪名高きペン型バーコードリーダーセドラーの犯行現場に
遭遇したことがある。
ここの棚がガレているのは、間違いなく連中の定期巡回の後だと一方的に決め付けている。

でも今日はここが大正解。
午後3時頃寄ったけど、せどられた痕がほとんど無い。

ランク.は低いながら、私好みの単行本10点ほど購入。
しかもレジのバイトに新しく入った女の子が珍しくなかなか可愛いかった。
(気のせいか、ちょっとアニヲタっぽいのが引っかかったが・・・。)

古書を買ってみた

7月5日(土)・・・6点(単2、文新4)


点数的には今ひとつだがワリと順調だったこの一週間も、
そろそろひと段落か?
そう思わせるぐらい、今日は売行きが良くない。
晩にはもう少し出てくれるのだろうか?

初めて古書というものを買ってみた。
昭和50年頃に刊行された、戦中のある組織についての資料だ。

図書館には全く無いので、マケプレで検索してみたところ、2点出品されていた。

評価96%の出品者たちで、状態は「良い」と「非常に良い」。
いざ自分が購入しようと思うと、相当悩む・・・。
ものがものだけに、相当酷いものを送られそうで。

結局マケプレは回避して、古書店のサイトから、「美本」で出していた店に決める。
もちろん、その古本屋の評判を知るため、いくつか記事を検索。
ある古書マニアのブログに、雰囲気の良い古書店らしい店と書かれていたので信用してみた。

発送連絡から4日後、ゆうメールで到着。
土日のせいか、隣県からの発送なのに4日もかかった。
クロネコのほうが場合によっては早いかも・・・。

届いた商品の状態は、ヤフオクに出品されていたものと比べて断然良かったので満足。

たまには購入者の立場になってみるのもいいモンです。

せどり遠征の旅

7月4日(金)・・・5点(単1、ゲーム1、文新3)

売れない金曜日にしてはまだよく売れたほうだ。
やっぱ給料&ナスの為せるワザ。

今日は午前中図書館で過ごした後、午後から隣県のブックオフに遠征の旅へと向かった。
遠征とか大袈裟に言ってみたが、ヒト山抜けていくだけなんですけどね。

この店舗には以前に一回来たことがあって、その時は棚が死んでいたのだが、
もう一度行ってみたらどうかな?と少し期待しつつ入店したのだが・・・

ハズレでした。

無理に新書3冊買っただけ。
もう半年は来ることないだろう、あーばよって感じで、
お次は6月末に偶然見つけたワリには中々釣果の良かったブックオフ某店舗へと向かう
ため、山沿いにずーっと南下し峠へ。

微妙に雲行きが怪しいです・・・。

ちょうど山と山の間、目的とする峠付近がどう見ても雨に煙ってるじゃないの。

峠に向かって国道を右折した辺りから雨が降り始め、ドンドン酷くなり、堪らずレインコートを着る。
らせん状に登ってゆく道の先には、強烈に長い、すなわち原付では怖すぎるトンネルと、
峠を越える旧道の二つの選択肢がある。

晴れていたらのんびり後者を選びたかったが、雨が酷すぎてそれどころじゃないので、とりあえず
トンネルへ退避。

馬鹿みたいなスピードで追い越してゆく車をやり過ごして、馬鹿みたいに長い峠のトンネルを
抜けると、そこはまた雨。

峠から少し離れるとすぐ雨は止んで、また馬鹿みたいにカンカン照りに。
ズブ濡れの衣服が乾くので、有難いと言えば有難い。

この付近には水分(みくまり)という小さな神社があるのだが、その名の由来がさもありなん、と
肌で実感する。



・・・旅日記はどうでもいいのだ。
で、結局仕入の成果だが、ここもイマイチだった。

ある作家の絶版文庫(図書館で読んでいた本でたまたま知った)を一点買えたけど、
他がイマイチ駄目で、明らかな失敗も2点ほどあった。

帰りにはタイヤの空気が抜けてしまうトラブルに見舞われたりしたけど、いい日焼けした一日でした。



不気味な売行きです

7月2日(水)・・・5点(単2、文庫新書3)


そこそこの値の単行本が売れているので、やはりボーナス&給料の影響はあるのだろうけど、
文庫の出がイマイチ。

昨日書いたように、薄利多売系の進出やら、私の評価がやや下がったことが影響してる
と推測できるが、ランク700番台で1円にしても100円にしても売れない状態が非常に悩ましい。

100円、200円程度の儲けながら、日銭という位置づけである以上、日に5,6点は売れてほしいのだが。

文庫が売れない分、単行本が売上を引き上げているので、全体としてはまあまあ順調であるからこそ、販売点数が今ひとつのびない現状が不気味で仕方ない。

困りましたね

7月1日(月)・・・9点(ゲーム1、文庫新書8)

7年ほど前に購入したプレステのゲームがやっと売れる。

それと村上春樹のある作品が、連続して売れた。
出品から2ヶ月以上、まったく動きが無かったのに・・・。

6月ショックの影響で、今日は10点(約1000円)しか仕入せず。
それでも2点ほど失敗があり、調子が悪い。

どうも薄利多売系が今までいなかったジャンルにも、彼らの姿をよく見かけるようになってきた。
彼らは自動で価格改定をやるので、当然のように安定していた価格帯が破壊されてゆく。

こっちは1日中画面見て価格改定できるわけでもないし、彼らのようにヤマトの特別料金?や
飛脚メール便を使えるわけないので、100円を切るようなプライスでは戦えないし、少しお手上げ状態だ。

出品直後、まだ薄利多売系が現れないうちに、なるべく低めの価格設定で早め早めに売り抜けてゆくのが、今のところ最善の手のように思われる。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる