売行き状況

4月21日・・・10点(単行本1、文庫新書9)

結果的に昨日はなかなか良いセールス。
まとめ買いが2件入っているので、得した気分である。

文庫3冊のメール便発送で、今回新たな梱包スタイルに挑戦してみる。
厚紙に文庫タテ2冊並列、「少し隙間を設けて」横向き1冊を貼り付けて、A4封筒に入れる。

・・・別に目新しくはないのだが、中央で折れるようにしてみた。

A4封筒だとポストに入らないおそれがあるので、「ココで折って投函してくれ」という意味だが果たして上手く通じるだろうか?



話は全く変わるが、マケプレでは中小企業診断士関連の本がよく売れる。
私も少しやってみたものの、いまいちモチベーションが上がらず他資格に移ったけど、この資格、IT(SE)関係の人が結構参入している。コンサルとして独立するための肩書きとして。

診断士に限らず資格関係はよく売れるほうだが、amazon・マケプレ利用者と特に重複しているのだろう、受験生の規模のワリにはよく捌けていきます。

値札シール剥がし

売行き状況

4月15日・・・2点(単行本1、文庫1)
4月16日・・・8点(単行本2、文庫新書6)

今日も現在時点で3点売れ(単行本2)と少し持ち直している。
入金まであと2日だが、6万超は難しいかも。


在庫がついに800点を突破してしまった。
600点台に抑えるつもりが、ブクブク太っていく。

これはひとえに私の文庫・新書好きという不徳の致すところによる。
ブックオフ等で面白そうな文庫・新書を見つけると「是非出品コレクションに並べたい」との欲望を抑えきれず、ついつい買い込んでしまう。

単行本よりも回転は早いものが多いけど、如何せん利益が少ない。
送料込みでせいぜい500~600円、そこからamazon手数料、仕入値、送料引くと1冊で200円チョイ。
日銭稼ぎにはイイんだけど、仕入費用・送料過剰の原因にも繋がっていて、投資効率はよろしく無い。

しかも単行本以上に面倒なのが値札シール剥がし。
特にブックオフ(と古本市場)のシールは剥がしにくい。
黒い値札シールはまだ貼ってから月日が経過してないのでそれほど難は無いのだが、それ以外(赤・青・緑)の剥がしにくさは凶悪だ。
シールの糊が完全に固まってしまって、カバーと一体化したかのように。

特に経験上注意が必要だと思うのが、新潮文庫・ちくま文庫・角川文庫のカバーで、無理に剥がそうとするとほぼ確実に破れるし、だからってオイルを使うとバーコードの印刷等まで落ちてしまい、とても汚くなる。
結局どうするかというと、慎重にやるしかありません。

いっそ新潮・ちくま・角川の各文庫は仕入ないことにすればよいのだが、定番商品やら面白そうなの見つけるとそうはいかないんだよね。



テーマ : せどり
ジャンル : 本・雑誌

今日も不調?

売行き状況
4月14日・・・3点(文庫新書3)

春なのに心無しか寒い。
今日も問合せが一件あっただけで、現時点まで売れ数「0」。
厳しい。
先週の好調な売行きから、次回の入金では久々の6万超えの期待が強かっただけに、2日連続の低調(ましてゼロ)は凹むなぁ。

しかもこの不振が、わけのわかんないamazonのシステム変更とホントに関連があるような気がしてならないのは私だけでは無いのではないだろうか?

昨日の注文の最後の1件がこっちに飛んできた(つまり出荷メール&アカウントに表示された)のは、今日の午前9時頃。
どういう処理で昨日付けの注文が9時間以上遅れるのか問い詰めたい。

それでも売れたモノが遅れているだけであって、売れたモノが売れてないことになっている障害はさすがに無いだろうから、あまり売れてないことは事実なんだろうけどね。


もう少しセドリとは距離を置いて、勉強に身を入れたいのだが。

今日は大殺界か!?

売行き状況
4月13日・・・5点(単行本2、文庫3)

昨日まで順調だったのが嘘のように、本日は現時点で売れ数「0」。

販売が低調な時は運気が下がっているのだろうか?
本日、初めて駐車禁止違反まで喰らってしまった。

せどり用ではなく自分用にと、某資格関係の本を買出しに某資格予備校まで原付で行ったのが運のつき・・・

1万円ほど購入して1割引きだと喜び勇んでビルを出て、ふとマイ原付に目をやると、何やら黄色様の紙が巻きつけてあるではないか。

時既に遅し!

あの悪名高い不逞の輩・駐車監視員どもの仕業である。
「6分」程度で駐車違反だと!?(確かに「駐車」です)

しかも確認開始時刻とやらを見ると、私がここに止めた所から見ていたようで、「なら先に注意しろよ」と言いたくもなる。

帰宅して放置違反金とやらの額を調べて再び頓死。 1万円て・・・。

折角好調だった儲けが、あのオジン二人を始めとする放置駐車確認機関その他公安関係に巻き上げられたと思うと、ブログの文体も思わずラジカルにもなりますって。



いい感じに売れてます。

売行き状況
4月10日・・・8点(単行本3点、文庫新書5点)
4月11日・・・3点(単行本1、文庫新書2)
4月12日・・・11点(単行本4、文庫新書7)

最近順調な売行きだ。
単行本が売れてくれるのが嬉しい。

売行きが良くなると、メンタル面にも良い影響があるのか、仕入の際の直感レーダーもなかなか感度良好である。
昨日(土曜日)は訪れたブックオフ1店舗で、偶然500円セールに遭遇。
店頭にセール案内の張り紙があってわかりやすい。
ここはあまり他のせどらーさんは訪れていないようで(自分も訪れるようになってまだ3回目)、4,5冊ほど購入できた。もっと取れそうだけど、現金の持ち合わせが少なかったので控え目にした。ケータイお持ちならば、もっとたくさんセドれるだろう。

105円棚で、レーダーが反応する、気になる1冊を発見。

「粗い石」

形文社?知らないな。
とりあえず購入し、帰宅後amazonで検索しようとしてやっと気づいた。
ISBNコードが無い・・・
どうやら以前、別の版元から出ていた絶版モノを、他社で復刊させたらしい。
amazonに残っている登録データは従前の版のモノで、出品できませんがな・・・。

ジュンク堂にもまだ在庫があるので、品切れ・プレミア本というわけでもないけど、ヤフオクに出すしかないか。

メンドクサッ。

ちょっと持ち直してきたか?

4月2日の売れ数・・・3点(単行本2、文庫1)
4月3日の売れ数・・・5点(単行本1、CD1、文庫新書3)

本日は現在のところ3点売れと、少し売行きが戻ってきた感じだ。
しかし全く予断を許さない状況であることに変わりはない。

売れる商品も1000円以下の低価格帯ばかりで、高額系がヒットしていない。
次の入金は明日なんだが、もう4万ワレは確実。ブルーですな。

プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる