今日もイマイチな仕入

寒いと書きながらも、昨日の売れ数は9点で約500点出品の私的には点数は良いほうだった。
文庫・新書ばかりなので金額的にはやはり寒いのですが(私的には平均気温?)、それでも満足してるのはDVDが一つ売れたから。
デップです、ジョニーです。
1500円仕入、3000円で旅立ち、amazonの(高額)手数料&送料差っ引いて700円ぐらいの利益。
滞在期間は2週間ほどですから、悪くは無いでしょう。
ヨソでもう一個見つけてるので、調子こいて仕入よっかな。

しかし、気分が今ひとつブルーなのは仕入があまりよくなかったからだ。
昨日書いた三浦関連が何ひとつ入手できなかったからだ。
島田本は仕方ないとして、DVDのほうが、今一歩強気に出れなかった。
今日行った店のBO売値が1800円、昨日の新品出品者(出品価格2468円)が脳裏に浮かんで二の足を踏んでしまった。どうやらあれは1個売り切りだったようで、もう消えている(売れたんでしょうね)。ランクが2000番台で今なら3000円ぐらいで出せそう。買うべきだったなぁ・・・。

明日はもう一方(確か売値1600円)のほうを抑えに行ってみます。


三浦和義関連

昨日はブログを書いた後にチョロチョロっと注文が飛んできて、4冊売れ、1冊キャンセルだった。全部文庫ですが。
今日も文庫・新書ばかりで結構寒い感じですがいかがお過ごしでしょうか。



「代わりに三浦和義でも買おうかと血迷った判断に傾きかけたが、帰宅後amazonチェックして 胸撫で下ろす。」
などと、これまた昨日書いてしまったが、今日amazonチェックすると、三浦カズ関連商品が動いてる
市川死去の際には金田一関連で少し儲けさせてもらったが、やっぱ反響あるんだな、と痛感。

背鳥的に一番関心あるのが島田荘司の単行本(文庫のほうもすごい値段になってますが・・・)
昔一時期、島田作品を読み漁ったことはあったけど、三浦のこと書いた時は「なんで書くかなぁ」と感じたのが正直なところだった。眉唾っぽい印象で見てたけど、「1冊ぐらい買っとけば良かった・・・」。
近隣のブックオフ等ではこれは見かけた記憶が無いな。

問題は高知主演のDVDのやつ。
昨日2軒で見かけたが、両方とも1600円ぐらいの値だった。
マケプレでは現在、状態「良」の2000円が2つ入ってるがこいつらは「併売」文言があるのでどうでもいいとして、2468円の新品出してるのがネック。はけるならさっさとはけて欲しい。そうなると「非常に良い」が3000円オーバーで、背鳥圏内に入ってくるが・・・。抑えるべきかスルーすべきか。

ヤフオクにももっと安値でいくつか出てるけど、転売ヤー以外は無視してよさそう。
ヤフオクに出して売れないモノが、マケプレでコロッと売れたりするので、両者は購入層が微妙にズレてる印象。

明日はDVD4点ほど軸に捜索してまいります。




利益について

書棚を整理するつもりで始めたマケプレ販売が、スケベ心ならぬ資本主義的営利精神から背鳥を始めて、部屋の中に古本の山が生まれてゆくという逆説的展開・・・。現在のところ500冊ほど出品して、2月の売上-amazon手数料で9万少し入金(背鳥販売分のみ)って具合だ。

1月途中からの仕入費用等を差し引いて、やっと利益らしきものが1万円ほど出た。

この一ヶ月ほぼ毎日のようにブックオフを数軒ハシゴして
毎日20冊以上もの本を持ち帰って
毎朝、方々のコンビニ、ヤマト運輸営業所、郵便局に荷物を出しに行って
家に帰れば発送メール送って
仕入商品の値札シール剥がしと出品作業及び注文商品の梱包に3時間ほど潰して

得た利益が1万て・・・・・・・。

かなり厳密に、いろんなものを多めに「費用」に見積もっているのでシビアな数字になってはいるが、現時点いえることは、あまり割りに合わない仕事である。
ただ私の場合、以前本に携わる仕事をしていたこともあって、古本であっても直接読者に本を届けることに、多少喜びを感じる性癖が生じていたりして結構楽しかったりするが、他人にはオススメできない。

しかも昨日書いたとおり、やっとこさ利益が出せたのもDVDでいくつかヒットを打てたからで、書籍、しかも自分の注意する分野(ビジネス経営・歴史・法律・文庫・新書)だけでは黒字化するまでにまだ相当時間がかかったと思われる。

そのうえこのDVD背鳥は相当難しいと思うのだが、また今度書きます。

背鳥を始める

某資格取得を目指す30過ぎ無職が、「本棚の本をamazonマーケットプレイスで売ってみよう!」突然そう思いついたのが昨年暮れ。

軽い思いつきで始めてみたら、これが意外によく売れる。
売れたモノの中にはBookOffで購入したものもあって、その時からヤラシイ考えに思い至ってしまい、背鳥についてネットで調べ始め、そこから私の背鳥生活が始まった。

ただ私は現在無職という身分ではあるが、かつては本に携わる仕事をしていたこともあって(書店員ではありません)、少しは本の売行きについて知識やら経験があるという自負、限り少なくなった預貯金という経済的事情、それと少し偏屈な性格が影響して
「わしはケータイなんて使わん!」
ということで、ピコピコ無しの直感勝負で背戸っている。

そのせいで始めて間も無い頃は多くの失敗もあり、そして現在も失敗はあるわけだが、最近は売行きも安定して来て、やっと利益らしいものが出つつあるが、そんなことをこれから書いていきます。
プロフィール

E

Author:E

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる